ダニエル・エストラーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエル・エストラーダ
基本情報
本名 ペドロ・ダニエル・エストラーダ・エスピティア
通称 Tremendo(驚異的な男)
階級 ライト級
身長 179cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1985-05-04) 1985年5月4日(32歳)
出身地 メキシコシティ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 32
KO勝ち 24
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示

ダニエル・エストラーダDaniel Estrada 、男性、1985年5月4日 - )は、メキシコプロボクサーメキシコシティ出身。

来歴[編集]

2004年6月5日、プロデビューを果たし4回判定勝ちで白星でデビューを飾った。

2005年7月20日、ホセ・エリミオ・ペレアと対戦し4回1-2の判定負けでキャリア初黒星がついた。

無敗をキープし2009年2月20日、ホエル・オルテガとCABOFEカリブライト級王座決定戦を行い8回TKO勝ちで王座獲得に成功した。

その後2度防衛し2009年9月15日、カルロス・ラモン・マイレアとWBC世界ライト級ユース王座決定戦を行い3回KO勝ちで王座獲得に成功した。

ユース暫定王座から正規王座に昇格し3度防衛したエストラーダは2度CABOFE王座も防衛に成功する。

2010年9月11日、レイエス・サンチェスとWBC世界ライト級シルバー王座決定戦を行い12回1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2011年3月11日、アルツロ・ゴメスとWBCアメリカ大陸ライト級王座決定戦を行い7回3-0の負傷判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2011年9月24日、レネ・ゴンサレスとFECARBOX中米ライト級王座決定戦を行い11回終了時棄権で王座獲得に成功した。

2012年8月11日、アドリアン・バルデホとWBC世界ライト級シルバー王座決定戦を行い、11回29秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年11月24日、荒川仁人と対戦し左目を腫らしながらもなんとか戦うも10回終了時に負傷判定になり3-0(2者が98-92、99-91)の判定勝ちを収めWBC世界ライト級シルバー王座の初防衛に成功した[1][2]。試合後、カンクンで開催中のWBC年次総会で荒川陣営の不服申し立てを受けてWBCは再戦を支持、エストラーダ陣営も再戦に合意し再戦する見通しとなったのだが[3]、エストラーダが拒否したため再戦は中止となった。

2013年4月19日、イサイス・サントス・サンパイオと対戦し、6回TKO勝ちを収めWBC世界ライト級シルバー王座の2度目の防衛に成功した。

2014年8月16日、スタブハブ・センターでWBC世界ライト級王者のオマール・フィゲロアと対戦し、9回1分TKO負けを喫し王座獲得に失敗した[4]

2015年1月31日、O2アリーナケビン・ミッチェルとWBC世界ライト級挑戦者決定戦を行い、8回1分12秒TKO負けを喫しWBC世界ライト級王座への挑戦権獲得に失敗した[5]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 荒川が負傷判定負け WBCライト級挑戦者決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月25日
  2. ^ 「不可解な負け」に泣いた荒川が帰国 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月28日
  3. ^ 荒川×エストラーダ WBC再戦を認可 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月6日
  4. ^ フィゲロア9回TKO勝ち、WBCライト級タイトル戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月17日
  5. ^ ロドリゲス決着戦勝利、ライト級エストラーダ完敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年2月1日

外部リンク[編集]