ダグラス・J・フツイマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダグラス・J・フツイマ
Douglas Joel Futuyma
Futuyma2004.png
生誕 1942年4月24日
ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国
研究分野 生物学
研究機関 ミシガン大学
ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校
主な受賞歴 シューアル・ライト賞 (1997)
プロジェクト:人物伝

ダグラス・J・フツイマ(Douglas J. Futuyma、1942年4月24日-)は、ニューヨーク出身の植物学者である[1]

フツイマは、コーネル大学を卒業し、ミシガン大学で修士号、1969年に博士号を取得した。研究テーマは、植物を食べる昆虫と植物自体の相互関係だった。ミシガン大学の生態学及び進化生物学の教授を務め、現在はニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の生態学と進化学の教授である。

Society for the Study of EvolutionとAmerican Society of Naturalistsの会長、Evolution and the Annual Review of Ecology and Systematicsの編集長を務めた。グッゲンハイムフェロー、フルブライトフェローに選出され、2006年4月25日には、米国科学アカデミーの会員に選ばれた。

American Society of Naturalistsからシューアル・ライト賞を受賞し、2012年には、ドレクセル大学科学アカデミーのライディ賞を受賞した[2]

著作Evolutionary Biology and Science on Trial: The Case for Evolutionは広く用いられ、創造論と進化論の論争を引き起こした。直近の著書Evolutionは大学生の入門向けで、2005年初めに初版が出版され、2009年には第2版、2013年には第3版が出版された。また、M. SlatkinとCoevolutionを共著した。

出版物[編集]

著書[編集]

  • Futuyma, D.J. 1979. Evolutionary Biology. 1st ed. Sinauer Associates, Sunderland, Massachusetts. ISBN 0-87893-199-6
  • Futuyma, D.J. 1983. Science on Trial: the Case for Evolution. 1st ed. Pantheon Books, New York. ISBN 0-394-52371-7
  • Futuyma, D.J. & M. Slatkin, eds. 1983. Coevolution. Sinauer Associates, Sunderland, Massachusetts. ISBN 0-87893-228-3
  • Futuyma, D.J. 1986. Evolutionary Biology. 2nd ed. Sinauer Associates, Sunderland, Massachusetts. ISBN 0-87893-188-0
  • Futuyma, D.J. 1995. Science on Trial: the Case for Evolution. 2nd ed. Sinauer Associates, Sunderland, Massachusetts. ISBN 0-87893-184-8
  • Futuyma, D.J. 1998. Evolutionary Biology. 3rd ed. Sinauer Associates, Sunderland, Massachusetts. (dated 1998, published 1997) ISBN 0-87893-189-9
  • Futuyma, D.J. 2005. Evolution. Sinauer Associates, Sunderland, Massachusetts. ISBN 0-87893-187-2
  • Futuyma, D.J. 2009. Evolution. 2nd ed. Sinauer Associates, Sunderland, Massachusetts. ISBN 978-0-87893-223-8
  • Futuyma, D.J. 2013. Evolution. 3rd ed. Sinauer Associates, Sunderland, Massachusetts. ISBN 978-1605351155
  • Futuyma, D.J Annual Review of Ecology and Systematics: (Annual Review of Ecology, Evolution, and Systematics) in 1992, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, and 2007.

主な論文[編集]

  • 1984: with S. J. Risch "Sexual orientation, sociobiology, and evolution" (Journal of Homosexuality, 9, 157-168)
  • 1987: "On the role of species in anagenesis" (Amer. Natur. 130: 465–473)
  • 1996: with C. Mitter. "Insect-plant interactions: The evolution of component communities" (Philosophical Transactions of the Royal Society London B 351:1361–1366)
  • 1995: "The uses of evolutionary biology" (Science 267: 41–42)
  • 1995: with M.C. Keese and D.J. Funk. "Genetic constraints on macroevolution: The evolution of host affiliation in the leaf beetle genus Ophraella" (Evolution 49:797–809)
  • 1992: with M. C. Keese. "Evolution and coevolution of plants and phytophagous arthropods" (in G.A. Rosenthal and M.R. Berenbaum (edd) Herbivores: Their Interactions with Secondary Plant Metabolites (2nd ed.) Academic Press, NY. pp 439–475)

出典[編集]

  1. ^ Douglas J. Futuyma”. Stony Brook University (2009年). 2009年6月20日閲覧。
  2. ^ Joseph Leidy Award for Stony Brook Biologist”. The Academy of Natural Sciences of Drexel University (2012年9月13日). 2015年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]