タン・モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タン・モール

タン・モール(Than Mór、1828年6月19日 - 1899年3月11日)はハンガリーの画家である。ハンガリーの歴史に関する歴史画や肖像画を描いた。

略歴[編集]

現在のセルビアのベチェイ(Bečej)で王室の役人の息子に生まれた[1]。弟に化学者のタン・カーロイ(Than Károly)がいる。ペシュトで法律などを学び、バラバーシュ・ミクローシュ(1810-1898)に美術を学んだが、1848年のハンガリー革命によってペシュトで学ぶことはできなくなった。画家に転じて、ウィーンに移り、ウィーン美術アカデミーに入学し、カール・ラールの画塾で学んだ。 1855年からパリに滞在し、その後、イタリアに3年間滞在して修行した[2]

1860年代にはペシュトのヴィガドーホールの壁画も描いた。1890年からハンガリー国立博物館のギャラリの学芸員も務めた[3]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ familysearch.org apáthi Than János's mourning report
  2. ^ Than Mór. Keiselbach Gallery and Auction House. (Access: May 10, 2011) [dead link]
  3. ^ Than Mór. sulinet.hu. (Access: May 10, 2011)

参考文献[編集]