タリスカー蒸留所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タリスカー蒸留所

タリスカー蒸留所とは、スカイ島に1830年に設立されたウイスキー蒸留所。現在、スカイ島に存在する唯一の蒸留所である。

特徴[編集]

タリスカー蒸留所ではアイランズモルトとしてはめずらしく[1]、1928年まではアイルランド式の3回蒸留が行われていた[2]。そのためにポットスチルは、2基のウォッシュ・スチルに対し3基のスピリット・スチルが設置されている。20世紀初頭には2回蒸留に改められたが、モルトの個性を維持した体制になっている。

タリスカー蒸留所の特徴のひとつにラインアームの独特なデザインがある[2]。ポットスティルから垂直に向かい、水平に伸びたのちにもう一度直角に下るU字型のねじれがあり、還流を促すためにくぼみの基部にピュリファイヤー・パイプが取り付けてある[1]。蒸留されたウイスキーは伝統的なワーム・タブとよばれるコイル状の冷却槽で液化されている。

タリスカー蒸留所の最大生産能力は190万リットルであり[1]、シングルモルトの他にジョニー・ウォーカーなどにブレンディングモルトを供給されている。タリスカーは小説家ロバート・ルイス・スティーヴンソンが「酒の王者」と評したことが知られている[3]

沿革[編集]

近隣のアイグ島から渡来したヒュー・マカスキルとケニス・マカスキルの兄弟が、スカイ島西岸にある土地を農地として借用した。当時の農家は、農業のついでに蒸留所を営むことが多く、マカスキル兄弟も数名の農業者達と協力して、まずはフィスカヴェイグに蒸留所を建造しようとしたが失敗した。次に、ハーポート湖の湖畔にあるカーボストに建設する計画を立て、1830年、3000ポンドの費用を費やしてタリスカー蒸留所は建造された。

その後、地元の神父ロデリック・マクラウドとの対立など、紆余曲折があり、タリスカー蒸留所は1000ドルで売却され、様々な人のもとをたらい回しにされながら、1880年代、ロデリック・ケンプの所有するところとなり、現在に至っている。タリスカー蒸留所は1925年にen:Distillers Companyに買収され、Distillers Companyは1986年にギネスに買収されたため、1997年以降はディアジオが所有している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c マイケル・ジャクソン 『ウイスキー・エンサイクロペディア』土屋希和子・Jimmy山内・山岡秀雄訳 小学館 2007年 ISBN 9784093876681 pp.126-127.
  2. ^ a b 邸 2005, pp. 114-117.
  3. ^ KING OF DRINKS”. タリスカー オンライン. 2016年11月20日閲覧。

出典[編集]

  • 吉村宗之「うまいウイスキーの科学」(サイエンス・アイ新書)
  • 公式サイトによる蒸留所沿革説明
  • 邸景一、旅名人編集室(編)、2005、『スコッチウイスキー紀行:モルトの故郷を歩く』第3刷、 日経BP企画〈旅名人ブックス〉 ISBN 4861300991