タミヤ製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タミヤ製作所本社工場

株式会社 タミヤ製作所(タミヤせいさくしょ)は、奈良県田原本町に本社を置く、ガラスの二次加工メーカー、 建材一体型を含むソーラーパネルの製造メーカーである。

スパッタリングガラス(高性能熱線反射ガラス)においては1983年、日本で初めて製造ラインを導入した。(製造プラントは、ドイツのライボルト・ヘラウス社より輸入。)

2000年から太陽電池の製造をはじめている。

また、太陽電池においては通常の太陽電池のほか、2枚のガラスでセルを挟む建材一体型ソーラーパネル(BIPV)もあり、サイズや出力を自由にカスタマイズできるいわゆるオーダーメイド製作を得意とし、太陽電池セルの隙間から光を取り入れる採光型太陽電池モジュールの製造も行っている。

現在は、本社工場でスパッタリングガラス(高性能熱線反射ガラス)の製造のほか、複層ガラス(ペアガラス)、合わせガラス(防犯・防音)の製造を行い、本社より約2kmほど南東にある味間(あじま)工場にはソーラー事業部があり、建材一体型ソーラーパネル、オーダーメイド太陽電池の製造を行っている。

事業所[編集]

  • 本社工場 奈良県磯城郡田原本町阪手693
    (スパッタリングガラス(高性能熱線反射ガラス)・複層ガラス(ペアガラス)・曲げガラス合わせガラス製造工場)
  • 味間工場(ソーラー事業部) 奈良県磯城郡田原本町味間38
    (建材一体型太陽電池・オーダーメイド太陽電池製造工場)
  • 東京営業所 東京都千代田区神田須田町1-7

参考文献[編集]