タブ (ライフゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タブ

ライフゲームにおけるタブ(桶、tub)とは、4ピクセルの固定物体である。

生成確率は、ブロックの1.6%ぐらいである。

構造[編集]

右上の図の通り、4つのセルが斜めに隣接している。各セルには2個のセルが隣接しているためすべてのセルが次世代でも生存する。また、外部のセルは最大でも2セルにしか隣接せず、内部のセルは4つのセルに隣接するため新しいセルも発生しない。

グライダーとの衝突[編集]

グライダーと衝突する例を1つ挙げる。

□□□□□□□□
□□□□□■□□
□□□□■□□□
□□□□■■■□
□□■□□□□□
□■□■□□□□
□□■□□□□□
□□□□□□□□

これは蜂の巣になる。

関連する物体[編集]

タブ・はしけ・長いはしけ

タブを斜めに伸ばすと、はしけ・長いはしけなどができる。同様の方法で任意の長さの固定物体を作ることができる。

ボートは、タブと同じ3×3の範囲に収まる固定物体である。これらの物体は、タブと同様任意の長さに延長することができる。

蜂の巣パンは、いずれも隣に2つずつのセルを持つ生成率の高い固定物体である。

尾付きタブは、下に示すような8ピクセルの固定物体である。この物体とブロックを利用して、イーターを作ることができる。

□□□□□□□
□□□□■□□
□□□■□■□
□□■□■□□
□□■□□□□
□■■□□□□
□□□□□□□

他の位置にも同様のセルを追加した20ピクセルの90度回転対称の固定物体は、 "Spiral" と呼ばれる。また、この尾を伸ばすことによって別の固定物体をつくることもできる。

出典[編集]