タクシーに乗った吸血鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タクシーに乗った吸血鬼』(タクシーにのったきゅうけつき)は、村上春樹短編小説

概要[編集]

初出 『トレフル』1981年12月号
収録書籍 カンガルー日和』(平凡社、1983年9月)

1991年1月刊行の『村上春樹全作品 1979〜1989』第5巻(講談社)に収録される際、大幅に加筆修正がなされた。

あらすじ[編集]

「僕」は渋滞した道路上でタクシーの車内にとじこめられていた。何か楽しいことを考えようとしたが、禁煙の三日めときているので何ひとつ思いつけない。仕方ないから「僕」はずっと女の子の洋服を脱がせる順序を考えていた。

「ねえお客さん」と突然運転手が言った。「吸血鬼って本当にいると思います?」

わからないと答えると、運転手は「わからないじゃこまるので、信じるか信じないか、どちらかにして下さい」と迫った。そして「信念というのはもっと崇高なもんです。山があると思えば山がある、山がないと思えば山はない」とドノヴァンの古い唄[1]みたいなことを言った。

話はそれから進み、運転手は吸血鬼の存在を実証できると言った。

だって私が吸血鬼だから。

いつから吸血鬼なのかと尋ねると、ミュンヘン・オリンピックの年からだという。

「時よ止まれ。君は美しい」[2]と「僕」は言った。

脚注[編集]

  1. ^ ドノヴァンの古い唄とは、1967年発表の「There Is a Mountain」のこと。
  2. ^ 「時よ止まれ。君は美しい」はゲーテの有名な言葉だが、1973年に公開されたミュンヘン・オリンピックの記録映画の邦題が『時よとまれ、君は美しい/ミュンヘンの17日』だったことをふまえている。

関連項目[編集]