タキゲン製造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タキゲン製造株式会社
TAKIGEN MFG. CO., LTD.
タキゲン製造株式会社 本社・東京店
タキゲン製造株式会社 本社・東京店
種類 株式会社
略称 タキゲン TAKIGEN
本社所在地 日本の旗 日本
141-0031
東京都品川区西五反田1-24-4
設立 1910年
業種 卸売業
代表者 代表取締役社長 瀧源愛子
資本金 4億6,000万円
テンプレートを表示

タキゲン製造株式会社(タキゲンせいぞう、TAKIGEN MFG. CO., LTD.)は、日本の産業用金物を扱うトップメーカーである。特に、配電盤分電盤、キュービクルなどの密閉用筐体に欠かせない「蝶番」、「錠前」、「ステー」、「ハンドル」などの部品を扱っている。本社は東京都品川区西五反田1-24-4。日本に17支店と韓国ソウル中国上海タイ バンコクに支店があり、直販を行っている。

No.0200[編集]

タキゲンが製造する鍵付きの中型のハンドルの多くは、標準品でNo.0200という鍵番号が採用されている。

このNo.0200は「にひゃくばん」と呼ばれ、鍵付きハンドル用の鍵としてデファクトスタンダードであり、他の錠前メーカも互換性のある鍵を標準として採用しているほか、日本国外でも互換性のある鍵が大量に生産されている。

No.0200でほとんどの鍵付きハンドルが開いてしまうことは防犯上問題があるため、タキゲンはNo.0200と互換性のない鍵としてTAKシリーズを製品化し、エンドユーザに採用するように働きかけている。

外部リンク[編集]