タエ・ボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タエ・ボー(Tae Bo)はテコンドーボクシング、またエアロビクス踊りの要素を組み合わせた、ビリー・ブランクスが考案したエクササイズのひとつ。

概要[編集]

テコンドー(Taekwondo)のTaeとボクシング(Boxing)のBoから取り命名されたタエ・ボーは1989年に発表され、アメリカでは後に日本で有名になったビリーズブートキャンプを凌ぐ人気を博した。

2011年7月5日韓国ソウル市内の商業高層ビル「テクノマート」が揺れ出し、建物から数百人がパニックになり逃げ出した事件があったが、後日、管理者側はビル内のスポーツジムでタエ・ボーが行なわれていたことが原因と発表している[1]

出典[編集]

  1. ^ ソウル高層ビルの揺れ、原因はジムの運動(AFP.BB.NEWS)2011年7月19日閲覧

外部リンク[編集]