タイ・テイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイ・テイバー
Ty Tabor
Ty Tabor.jpg
(2009年)
基本情報
生誕 (1961-09-17) 1961年9月17日(58歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピ州ジャクソン
ジャンル ハードロック
ほか
職業 ギタリスト
活動期間 1980年 - 現在
共同作業者 キングスX
Platypus
The Jelly Jam
Jughead
ほか
公式サイト http://www.tytabor.com/ (英語)

タイ・テイバー (Ty Tabor)は、アメリカ合衆国ハードロックバンド・キングスXのギタリスト、ソングライター。同国ミシシッピ州ジャクソン出身。

ほか、ソロ活動に加え、「The Jelly Jam」「Platypus」「Jughead」などのサイド・プロジェクトにも参加している[1]

キングスX(2009年・ミラノ公演)

スタイル[編集]

重厚なギターリフからメロディアスなフレーズまで、幅広いギタースタイルを備えている。ビートルズミック・ロンソンエース・フレーリージミ・ヘンドリックス、フィル・キーギーやアリス・クーパー・バンド等の影響を受けている。

使用機材[編集]

ギター
使用エレクトリック・ギターについて、キングスXに於ける初期の頃は、フェンダー・ストラトキャスターの派生モデル、"エリート・ストラトキャスター"(1983年製)を使用していた。それはアクティブ・ピックアップを備えた、1980年代初期にのみ生産されたタイプであった。その後YAMAHA社やGuilford社、Zion社らと契約し、自身のモデル"RGX-TT"タイプや、"AESシリーズ"などを愛用していた。
アンプ
これまで使用したアンプ機材については語る事が少なかったが、ギター・プレイヤー誌の1996年5月号で、ギブソン・ラブ・シリーズの「L5ソリッドステート・アンプ」を、初期4枚のアルバム・レコーディングで使用したと明かしている。ほか、ランドール製やマーシャル製など様々なタイプを使用。

ディスコグラフィ[編集]

ソロアルバム[編集]

  • Naomi's Solar Pumpkin (1997)
  • Moonflower Lane (1998)[2]
  • Safety (2002)
  • Rock Garden (2006)
  • Balance (2008)
  • Something's Coming (2010)
  • Trip Magnet (2010・EP)
  • Nobody Wins When Nobody Plays (2013)

サイド・プロジェクト[編集]

Platypus
  • When Pus Comes to Shove (1998)
  • Ice Cycles (2000)
The Jelly Jam
  • The Jelly Jam (2002)
  • The Jelly Jam - 2 (2004)
  • Shall We Descend (2011)
  • Prophet Profit (2016)
Jughead
  • Jughead (2002)
Xenuphobe
  • 1.0 (2006)
  • 2.0 (2007)
  • Drone (2015)
The Jibbs
  • Burns In The Rain (2008・シングル)

脚注[編集]

  1. ^ ドリーム・シアターのジョン・マイアングやキングスXのタイ・テイバーらによるザ・ジェリー・ジャム、新アルバムを5月発売 - amass
  2. ^ McGovern, Brian Vincent (1998-11). “TY TABOR Moonflower Lane”. HM Magazine (74). ISSN 1066-6923. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]