タイラー・コーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイラー・コーエン

タイラー・コーエン(Tyler Cowen, 1962年1月21日 - )は、アメリカ経済学者、研究者、ライター。ジョージ・メイソン大学経済学教授としてホルバート・C・ハリス・チェアの座に就いており、アレックス・タバロックとともにブログサイト「Marginal Revolution」を運営している。現在、ニューヨーク・タイムズEconomics Sceneを連載しており、The New RepublicThe Wilson Quarterlyなどの雑誌にも寄稿している。ジョージ・メイソン大学のMercatus Centerの総合所長でもある。2011年2月にThe Economistが実施したアンケートにおいて過去10年間で最も影響力のある経済学者の一人としてノミネートされる[1]とともに、「あらゆるものに市場が存在することを見出した」業績を称えて2011年のForeign Policy誌が選ぶ「世界の思想家トップ100」にランクインを果たしている[2]

教育[編集]

1983年にジョージ・メイソン大学を卒業し、1987年にハーバード大学で経済学のPh.D.を取得した。ハーバード大学では2005年にノーベル経済学賞を受賞したゲーム理論家でハーバード大学の教授であるトーマス・シェリングに指導を受けた。

エピソード[編集]

  • 15歳の時に史上最年少でニュージャージー州のチェスチャンピオンに輝いている(ただし、史上最年少記録は2006年に破られることになった)。[3][4]

著書[編集]

  • Explorations in the New Monetary EconomicsRandall Krosznerと共著、1994年、日本語訳未公刊)
  • Markets in the Firm:A Market-Process Approach to ManagementDavid Parkerと共著、1997年、日本語訳未公刊)
  • Risk and Business Cycles(1998年、日本語訳未公刊)
  • In Praise of Commercial Culture(1998年、日本語訳未公刊)
  • What Price Fame?(2000年、日本語訳未公刊)
  • Creative Destruction:How Globalization is Changing the World's Cultures, 2002年
  • 『創造的破壊~グローバル文化経済学とコンテンツ産業』(2011年, 作品社
  • Markets and Cultural Voices:Liberty vs. Power in The Lives of Mexican Amate Painters(2005年、日本語訳未公刊)
  • Good and Plenty:The Creative Successes of American Arts Funding, 2006年
  • 『アメリカはアートをどのように支援してきたか~芸術文化支援の創造的成功』(2013年、ミネルヴァ書房
  • Discover Your Inner Economist:Use Incentives to Fall in Love, Survive Your Next Meeting, and Motivate Your Dentist, 2007年
  • 『インセンティブ~自分と世界をうまく動かす』(2009年、日経BP
  • Create Your Own Economy:The Path to Prosperity in a Disordered World(2009年)
  • ペーパーバック版はThe Age of the Infovore:Succeeding in the Information Economy(2010年)と改題
  • 『フレーミング~「自分の経済学」で幸福を切りとる』(2011年、日経BP
  • Modern Principles of Economics/Modern Principles:Microeconomics/Modern Principles:MacroeconomicsAlex Tabarrokと共著、2009年、日本語訳未公刊)
  • The Great Stagnation:How America Ate All the Low-Hanging Fruit of Modern History, Got Sick, and Will(Eventually) Feel Better, 2011年
  • An Economist Gets Lunch:New Rules for Everyday Foodies(2012年、日本語訳未公刊)
  • Average Is Over:Powering America Beyond the Age of the Great Stagnation, 2013年
  • 『大格差~機械の知能は仕事と所得をどう変えるか』(2014年、NTT出版

編著[編集]

  • The Theory of Market Failure:A Critical Examination(1988年、日本語訳未公刊)(後にPublic Goods and Market Failures:A Critical Examinationに改題、1992年。こちらも日本語訳未公刊)
  • Economic Welfare(2000年、日本語訳未公刊)
  • Market Failure or Success:The New Debate(2003年、日本語訳未公刊)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.economist.com/blogs/freeexchange/2011/02/economics&fsrc=nwl
  2. ^ http://www.foreignpolicy.com/articles/2011/11/28/the_fp_top_100_global_thinkers?page=0,44
  3. ^ http://www.kenilworthchessclub.org/kenilworthian/2006/09/interview-with-former-youngest-new.html
  4. ^ http://njscf.org/?page_id=84

外部リンク[編集]