タイミル湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイミル湖
Kara sea2TL.PNG
位置図
タイミル湖の位置(クラスノヤルスク地方内)
タイミル湖
タイミル湖
場所 クラスノヤルスク地方タイミル半島
座標 北緯74度32分34秒 東経101度38分39秒 / 北緯74.54278度 東経101.64417度 / 74.54278; 101.64417座標: 北緯74度32分34秒 東経101度38分39秒 / 北緯74.54278度 東経101.64417度 / 74.54278; 101.64417
主な流入 ザパドナーヤ川、セーヴェルナヤ川、ビカーダ・ングオーマ川、ヤムタリダ川、カラミサーモ川、上タイミル川
主な流出 下タイミル川
集水域面積 104,300 km2 (40,300 sq mi) [1]
ロシア
最長 204 km (127 mi) [2]
最大幅 154 km (96 mi) [2]
水面積 4,560 km2 (1,760 sq mi) [3]
平均水深 2.8 m (9.2 ft) [3]
最深部 26 m (85 ft) [3]
水量 12.8 km3 (3.1 cu mi)
水面標高 6 m (20 ft) [3]
凍結 9月から6月
20個
自治体 なし

タイミル湖: Lake Taymyr: Таймы́р、Таймы́рское о́зеро)は、ロシアクラスノヤルスク地方タイミル半島の中央部に位置する。ビルランガ山地の南にある。

流域図
米軍が1964年に作製した地図

東西約165km。広範囲に細長く延びるいびつな形状をしており、最大幅も湖の東端で23kmしかない。9月から6月までは氷に閉ざされる。流入する最も大きな河川は上タイミル川で、西端から流入する。そのほか、ザパドナーヤ川、セーヴェルナヤ川、ビカーダ・ングオーマ川、ヤムタリダ川、カラミサーモ川が流れ込む。その後、北から下タイミル川として流れ出て、ビルランガ山地を通り抜け北極海に達する。

南岸のツンドラには小さな湖沼が無数に存在する。うち、東端のヤムネル湾の東部にはクングサラフ湖とポルトニャージノ湖という幅20km級のとりわけ大きな湖がある。

環境[編集]

ドジョウ、ホワイトフィッシュ、ムクスンなど、厳しい極北固有の多くの種の魚が棲むが、大自然に囲まれているにも関わらず一部の種は乱獲に遭っている。また、わずかだが堆積物にはプルトニウム汚染も確認されており、これは冷戦時にノーヴァヤ・ゼムリャーで行われた核実験の粒子が風で運ばれたものとされている。

水温は8月で7度、冬季は1度。

脚注[編集]

外部リンク[編集]