ソーダ南部石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソーダ南部石(ソーダなんぶせき、 Natronambulite)は、1985年に発表された新鉱物で、国立科学博物館鉱物学者松原聰などにより、岩手県の田野畑鉱山で発見された[1]化学組成は(Na,Li)(Mn,Ca)4Si5O14(OH)で、三斜晶系東北大学鉱物学者であった南部松夫の業績をたたえて命名された南部石アルカリ金属のサイトが、リチウムではなくナトリウムの卓越する組成となったものである。

脚注[編集]

  1. ^ Matsubara, S. et al. (1985): Natronambulite, (Na,Li)(Mn,Ca)4Si5O14(OH), mineral from the Tanohatamine, Iwate Prefecture, Japan. Mineral. Jour., 12, 332-340.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]