セヴォストラク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーゲリデ働く収容者たち
ラーゲリ収容者による道路建設。

セヴォストラクロシア語: Севвостлаг英語: Sevvostlag)はセッヴォストラク北東矯正労働ラーゲリなどとも呼ばれ、1931年からソ連内務人民委員部(後のソ連国家保安委員会KGB)に属した特務機関「ダリストロイ」(極北地方建設総局)がロシア北東地区で建設・管理した数々の強制労働キャンプ・システムを指す。各キャンプでは、おもになどの希少金属採掘と、それの運搬に必要なコルィマ道路などの建設に従事させた。

1932年に1,100人で始まった囚人数は急激に増えて、1952年には170,557人のピークに達して、1953年にスターリンの死亡後は減少した。

本部[編集]

セヴォストラクの本部はマガダン州にあり、2回移動した後に、マガダン市に落ち着いた。

構成と囚人たち[編集]

沢山のラーゲリに分かれていた[1]。1945-1949年には日本人シベリア抑留のキャンプもマガダンに開設された。[2]

著名な囚人たち[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]