セヴァン湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セヴァナヴァンク教会とセヴァン湖
地図

セヴァン湖(Sevan、アルメニア語: Սևանալիճアゼルバイジャン語: Göyçə gölüトルコ語: Gökçe Gölüペルシア語: گوگچه تنگیز‎)はアルメニアゲガルクニク地方にある。アルメニア最大の湖で、大規模な湖としては世界で最も高地にあるものの一つ(海抜約1900m)。

一部の水のみ北西のフラズダン川へ流出し、これはクラ川に流入してカスピ海へ注ぐが、乾燥地帯にあるため90%の水は直接蒸発している。ソ連時代にはフラズダン川を通して灌漑に大量使用されたため、水量が大幅に減ってしまった。面積は1949年に1360km2だったが、2005年には940km2となっている。

水位の低下により、セヴァナヴァンク教会のあるかつてのセヴァン島は、現在半島になっている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度18分38秒 東経45度20分57秒 / 北緯40.31056度 東経45.34917度 / 40.31056; 45.34917