セント・オールバンズの戦い (1455年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セント・オールバンズの戦い
戦争薔薇戦争
年月日1455年5月22日
場所イングランド ハートフォードシャーHertfordshire)のセント・オールバンズ
北緯51度45分18秒西経0度20分9.6秒
結果:決定的なヨーク家の勝利
交戦勢力
Yorkshire rose.svg ヨーク家 Red Rose Badge of Lancaster.svg ランカスター家
指導者・指揮官
Arms of Edward of Norwich, 2nd Duke of York.svg ヨーク公
Coat of Arms of Sir Richard Neville, 5th Earl of Salisbury, KG.png ソールズベリー伯
Neville Warwick Arms.svgウォリック伯
Royal Arms of England (1470-1471).svg ヘンリー6世(捕虜)
Beaufort Arms (France modern).svg サマセット公 
Stafford Coat of Arms.jpg バッキンガム公(捕虜)
Armoiries Studigel de Bitche.svg ノーサンバランド伯 
Beaufort Arms (France modern).svg ドーセット伯
Courtenay of Devon.svg デヴォン伯
Arms of Clifford.svg クリフォード男爵 
戦力
3,000 2,000
損害
不明 300
薔薇戦争
Dot4gb.svg
セント・オールバンズの戦い (1455年) の座標 TL147073
セント・オールバンズの戦い (1455年) 座標: TL147073)場所

(第1次)セント・オールバンズの戦い(First Battle of St Albans)は、1455年5月22日のロンドン北方の町セント・オールバンズでの戦闘で、薔薇戦争の最初の戦いである。

戦いの進行[編集]

ヨーク公リチャードと彼の同盟者であるウォリック伯リチャードは、サマセット公エドマンド率いるランカスター派を打ち破り、サマセット公を殺した。ヨーク公は国王ヘンリー6世を捕らえ、再び自ら護国卿となった。

約3,000の精強なヨーク派軍に側面に回り込まれるのを避けるために、ヘンリー6世の2,000名の軍勢は町の中に戻り、ホーリーウェルとセント・ピーター通りにバリケードを構築してヨーク派の東進を防ごうとした。だがヨーク派の攻撃はあまりに速く、ランカスター派は驚いて対応に追われた。両軍とも、この戦闘は1452年のブラックヒースの戦いの時のような平和的解決が可能と考えており、実際攻撃の直前まで和平工作を行っていた。だが、狭い道路でのランカスター派の二正面攻撃からの攻撃に対して進軍が出来なくなったヨーク派は、多数の死傷者を出した。

ウォリック伯は彼の手持ちの兵を連れ出し、裏路地や庭園を抜け、町の防備の薄い箇所を通っていった。突然、ウォリック伯の奇襲部隊はランカスター派の本体がのんびりくつろいで座っている市場の広場に現われた。彼らがまだ戦闘が継続していると考えていなかった証拠に、彼らの多くは兜さえ脱いでいたのだった。ウォリック伯はその少数の兵ですぐさま突撃し、ランカスター派の構築した2つのバリケードを破壊した。

ウォリック伯はそれから、弓の射手に王の周りにいる者たちを射るように命じた。射手は何人かを殺し、多くの貴族(王と軍司令官であるバッキンガム公を含む)に怪我をさせた。ウォリック伯は彼自身の敵の一人であるサマセット公もキャッスル・イン周辺で殺している。

バリケードに配置されたランカスター派の兵は中央広場に敵が現われた事を知り、背後からの襲撃を恐れてバリケードを放棄した。間もなくヨーク派がなだれ込んできて、総崩れになった。

軍事的な意味では、セント・オールバンズの戦いは死者恐らく300名程度という事で大きな勝利ではなかった。だが政治的な意味では、王はヨーク公に捕らえられ、ライバルのサマセット公は戦死し、ウォリック伯の宿敵であるノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーとクリフォード卿も戦死するというヨーク派の圧勝であった。

参考文献[編集]