ヘンリー・パーシー (第2代ノーサンバランド伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第2代ノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーHenry Percy,2nd Earl of Northumberland, 1394年2月3日 - 1455年5月22日)は、15世紀イングランドの貴族である。ヘンリー・パーシー(ホットスパー)とその妻エリザベス・ドゥ・モーティマー[1]の子。初代ノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーの孫。

父と祖父がヘンリー4世に反乱を起こしたせいでノーサンバランド伯爵位は取り上げられたが、パーシーはヘンリー5世の好意で祖父の遺領を受け取って、伯爵家を再興した。

以後パーシーはヘンリー5世に仕え、1417年からスコットランド国境の警備を担当。1422年にヘンリー5世が亡くなり、僅か1歳の息子ヘンリー6世治下の新体制の初期には執政評議会にいた。

しかし、同じくスコットランド国境警備担当のソールズベリー伯リチャード・ネヴィルとは仲が悪く、1448年のスコットランド軍の戦闘では仲間割れを起こして敗北した。この対立は薔薇戦争にも引き継がれ、パーシーはランカスター派に留まったが、ソールズベリー伯はヨーク派の首領のヨーク公リチャードと組んで戦争を引き起こした。1455年5月22日、パーシーは緒戦のセント・オールバーンズの戦いでランカスター側で戦い、戦死した。

ノーサンバランド伯爵は長男のヘンリー・パーシーが継いだが、1461年に戦死、ランカスター派のヘンリー6世が廃位されてヨーク派のエドワード4世即位すると、孫のヘンリー・パーシーロンドン塔に投獄され、爵位はソールズベリー伯の次男・ジョン・ネヴィルに与えられた。

結婚と子供達[編集]

パーシーはウェストモーランド伯ラルフ・ネヴィルとその2番目の妻であるジョウン・ボーフォートの娘レディー・エレノア・ネヴィルと結婚した。彼女の兄弟にはリチャード・ネヴィルセシリー・ネヴィルがいた。

彼らは10人の子供をもうけている。

エドムンド・グレイと結婚している。


脚注[編集]

  1. ^ エリザベス・ドゥ・モーティマー:マーチ伯エドムンド・モーティマーフィリッパ・プランタジネットエドワード3世の次男クラレンス公ライオネルの一人娘)


イングランドの爵位
先代:
新設
ノーサンバランド伯
1416 - 1455
次代:
ヘンリー・パーシー