セルゲイ・イリューシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Il-2の模型を手にするイリューシン(1942年)

セルゲイ・ウラジーミロヴィチ・イリューシンロシア語: Серге́й Владимирович Илью́шин ; 1894年3月30日-1977年2月9日)はソ連の航空機メーカー・イリューシン設計局(S・V・イリユーシン記念試作設計局、現在のS・V・イリユーシン記念航空複合体)の設計者(デザイナー)[1]

経歴[編集]

1894年ロシア帝国ヴォログダ県ディリャレヴォ(Дилялево、Dilyalevo)に生まれる。1910年から航空機に興味を持つようになり、第一次世界大戦中にパイロットとして従軍し、1919年赤軍の航空技官となる。1926年に空軍アカデミーで工学学位を得た後に、航空機のデザインを始めるようになる。

イリューシンが設計したIl-2攻撃機Il-4爆撃機は第二次世界大戦中に赤色空軍で制式採用され、多方面に配備された。戦後はIl-18Il-62などの旅客機を生み出した。1968年ソ連科学アカデミーの会員となる。レーニン勲章をはじめ、数多くの勲章を受章した。1977年に死去し、モスクワノヴォデヴィチ修道院の墓地に埋葬された。

息子ウラジーミル・セルゲーイェヴィチ・イリユーシンは、テストパイロットとしてよく知られている。

脚注[編集]