セルカーク伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルカーク伯爵の紋章

セルカーク伯爵: Earl of Selkirk)は、スコットランド貴族伯爵位である。1646年ウィリアム・ダグラス=ハミルトンが叙されたのに始まる。ハミルトン公爵家の分流が受け継ぐようになっている変則的な継承方法の爵位である。

経歴[編集]

ハミルトン公ウィリアム・ダグラス=ハミルトンの肖像画(初代準男爵ゴドフリー・ネラー画)

スコットランド貴族の初代ダグラス侯爵英語版ウィリアム・ダグラス英語版の息子ウィリアム・ダグラス(1634–1694)は、1646年8月4日にスコットランド貴族爵位セルカーク伯爵(Earl of Selkirk)ディアー=ショートクルーチ卿(Lord Daer and Shortcleuch)に叙された。この2つの爵位は当初ダグラスの名を受け継ぐ男性相続人(his heirs male whatsoever bearing the name of Douglas)を継承者とする爵位だった[1][2]。その後、1656年4月29日に初代ハミルトン公爵ジェイムズ・ハミルトンの娘である第3代ハミルトン女公爵アン・ハミルトン英語版と結婚し[1][2]1660年9月20日にダグラス=ハミルトン(Douglas-Hamilton)と改姓のうえ[2]、一代限りでハミルトン公爵(Duke of Hamilton)クライズデール侯爵(Marquess of Clydesdale)アラン=ラナーク=セルカーク伯爵(Earl of Arran, Lanark and Selkirk)エイヴェン=マーチェンシャー=ポルモント=ダアー卿(Lord Aven, Machanshire, Polmont and Daer)といったスコットランド貴族爵位を与えられた[1]1688年10月6日にはノボダマス英語版に基づいてセルカーク伯爵位とディアー=ショートクルーチ卿位について国王に返還して三男チャールズ・ダグラスに改めて与えられた[1]

ノボダマスのためにこの爵位は以下の特殊な継承方法を取る爵位となった。

  1. 初代伯の長男の男子相続人より初代伯のヤンガーサンの男子相続人に優先して継承される。
  2. もしすでにハミルトン公爵位を所持している者だった場合(またはハミルトン公爵位と同時に受け継いだ場合)、公爵の生き残っている次の弟が継承する。
  3. もしハミルトン公爵によって継承された場合(セルカーク伯爵がハミルトン公爵を継承したか、弟のいないハミルトン公爵であったため第2条が機能しない場合)は、セルカーク伯爵位はハミルトン公爵の死後、生き残っている二番目の男子に継承される。
  4. 2条か3条に基づく継承が行われた後は、その男子相続人によって継承される。
  5. もし彼らの男子相続人が絶えた時は、自分の弟やその男子相続人にはいかず、以前と同じく2条や3条が機能する長男の系統に戻る。

子供のなかった2代セルカーク伯の死後、その弟であるジョン・ハミルトン(1664–1744)が第3代セルカーク伯爵位と第3代ディアー・ショートクルーチ卿位を継承した(以下ディアー=ショートクルーチ卿については言及を省略するが、常にセルカーク伯爵と一緒に受け継がれている)。彼はセルカーク伯爵襲爵前の1697年4月14日にスコットランド貴族爵位のラグラン伯爵英語版(Earl of Ruglen)リッカートン子爵(Viscount of Riccartoun)ヒルハウス卿(Lord Hillhouse)に叙されていた[1][3]。これらの爵位は男子がなければ娘への継承を認める爵位だった[1]

そのため3代セルカーク伯の死後、ラグラン伯爵位以下の3爵位はアン・ハミルトンが継承したが、セルカーク伯爵位は2代伯と3代伯の弟の孫にあたるダンバー・ダグラス英語版(1722–1799)が継承した[1][4]

しかしその孫にあたる6代セルカーク伯爵ダンバー・ジェイムズ・ダグラス英語版(1809–1885)の死去により初代伯のヤンガーサンの男系男子は絶えた[1][5]

そのためここで継承方法2条が機能し、第12代ハミルトン公爵ウィリアム・ダグラス=ハミルトン(1845–1895)の次の弟であるチャールズ・ハミルトン英語版(1847-1886)が第7代セルカーク伯爵位を継承することになった[1][6]

彼には子供はなかったので彼の死後、継承方法5条により兄の12代ハミルトン公爵が第8代セルカーク伯爵を継承した。彼も娘しかなかったので彼の死後は遠縁のアルフレッド・ダグラス=ハミルトン英語版(1862–1940)が13代ハミルトン公爵位とともに9代セルカーク伯爵位を継承した[1][7]

13代ハミルトン公の死後、ハミルトン公爵位は彼の長男が継承したが、セルカーク伯爵位は継承方法3条により13代ハミルトン公の次男ジョージ・ダグラス=ハミルトン英語版(1906–1994)が継承した(10代伯)[1][8]

11代セルカーク伯爵を継承したジェイムズ・ダグラス=ハミルトン英語版。爵位一代放棄中。

10代セルカーク伯も子供なく死去し、継承方法5条と2条により15代ハミルトン公アンガス・ダグラス=ハミルトン英語版(1938–2010)の弟であるジェイムズ・ダグラス=ハミルトン英語版(1942-)が継承した。しかし彼は保守党の庶民院議員を続けたがっていたため、継承直後の1994年11月28日に爵位一代放棄を行っている[1][9]

1996年には10代セルカーク伯の次の弟の息子であったアラスデア・マルコム・ダグラス=ハミルトン(Alasdair Malcolm Douglas-Hamilton, 1939-)スコットランド紋章院英語版に自らがセルカーク伯位の継承者であることを請求したが、棄却されている[1][10]

ジェイムズは1995年から1997年にかけてスコットランド省政務次官英語版を務めた後、1997年9月29日に一代貴族のエディンバラ市におけるクラモンドのダグラスのセルカーク男爵(Baron Selkirk of Douglas, of Cramond in the City of Edinburgh)に叙され、貴族院議員に列した。2019年現在も彼が当主なのでセルカーク伯爵位は一代放棄された状態が続いている[1][9]

現当主の保有爵位[編集]

現当主ジェイムズ・ダグラス=ハミルトン英語版は以下の爵位を保有している[1][9]

  • 第11代セルカーク伯爵 (11th Earl of Selkirk)
    (1646年8月4日の勅許状によるスコットランド貴族爵位。1994年11月28日に爵位一代放棄)
  • 第11代ディアー=ショートクルーチ卿 (11th Lord Daer and Shortcleuch)
    (1646年8月4日の勅許状によるスコットランド貴族爵位。1994年11月28日に爵位一代放棄)
  • エディンバラ市におけるクラモンドのダグラスのセルカーク男爵 (Baron Selkirk of Douglas, of Cramond in the City of Edinburgh)
    (1997年9月29日の勅許状による連合王国一代貴族)

セルカーク伯爵 (1646年)[編集]

家系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Heraldic Media Limited. “Selkirk, Earl of (S, 1646)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2017年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c Lundy, Darryl. “William Douglas-Hamilton, 1st Earl of Selkirk” (英語). thepeerage.com. 2015年8月16日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “John Hamilton, 1st Earl of Ruglen” (英語). thepeerage.com. 2019年9月22日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Dunbar Douglas, 4th Earl of Selkirk” (英語). thepeerage.com. 2019年9月22日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Dunbar Douglas, 4th Earl of Selkirk” (英語). thepeerage.com. 2019年9月22日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Charles George Douglas-Hamilton, 7th Earl of Selkirk” (英語). thepeerage.com. 2019年9月22日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Alfred Douglas Douglas-Hamilton, 13th Duke of Hamilton” (英語). thepeerage.com. 2019年9月22日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “George Nigel Douglas-Hamilton, 10th Earl of Selkirk” (英語). thepeerage.com. 2019年9月22日閲覧。
  9. ^ a b c Lundy, Darryl. “James Alexander Douglas-Hamilton, Baron Selkirk of Douglas” (英語). thepeerage.com. 2019年9月22日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “Alasdair Malcolm Douglas-Hamilton” (英語). thepeerage.com. 2019年9月22日閲覧。

関連項目[編集]