セファランチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セファランチンの構造式

セファランチン (cepharanthine) は、ツヅラフジ科の植物タマサキツヅラフジから抽出したアルカロイドないし、それを含む医薬品である。アルカロイドとしては、化学式 C37H38N2O6分子量 606.7、CAS登録番号 481-49-2。製剤は白血球減少、脱毛等に用いられる。

タマサキ(玉咲)ツヅラフジは中国台湾に自生する植物で、民間薬として用いられていた。これを台北帝国大学早田文蔵Stephania cepharantha Hayata の学名で1914年に発表、1934年東京帝国大学近藤平三郎が有効成分を抽出し、学名にちなみ命名された。

当初は結核治療薬として用いられたが、一時期ハンセン病患者に対して用いられている。しかし投与時の注射による激痛は患者に重い負担を強い、また副作用から症状の悪化を招き死に至ることも少なくなかった[1]

今日では下記のような適用が定められている。また、生体膜の安定化や抗アレルギー作用、免疫機構へのさまざまな関与が知られる。製剤としては、日本の製薬メーカー化研生薬がもっぱら製造販売している。散剤、錠剤、注射剤の剤形がある。

適応症[編集]

男性型脱毛症への適応[編集]

日本皮膚科学会は2010年4月、男性型脱毛症への対処法としての5段階評価でセファランチンに対して「C2(根拠がないので勧められない)」と評価した。セファランチンを主成分とする育毛剤を製造する製薬メーカー化研生薬は「医薬部外品なので論文データが不足しているのは事実だが、動物実験で効果が示されている」と反論している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハンセン病医学・医療の歴史と実態 (PDF) 財団法人 日弁連法務研究財団
  2. ^ 眼球運動障害を伴った重症マムシ咬傷の1例 日本救急医学会雑誌 Vol.5 , No.7(1994)pp.699-705
  3. ^ 朝日新聞2010年4月14日付け

外部サイト[編集]