ツヅラフジ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツヅラフジ科
Cocculus laurifolius.jpg
コウシュウウヤク
(イソヤマアオキ、Cocculus laurifolius
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: ツヅラフジ科 Menispermaceae
  • 本文参照

ツヅラフジ科(Menispermaceae)は、双子葉植物で、70属500種ほどからなる。

草本または低木で、ほとんどはつる性(南日本などに分布するコウシュウウヤクは直立低木)。雌雄異株で、は小さく、花弁・がく・雄しべは数個、雌しべは1または3(離生)のものが多い。は互生。

大部分が熱帯産で、一部(コウモリカズラ属、アオツヅラフジ属など)が北アメリカや東アジアの温帯に分布する。

主な属[編集]

日本に生育する主な属と種を記載する。

オオツヅラフジ(ツヅラフジともいう)は漢方薬として用いられる。アオツヅラフジは道端や薮によく見られ、青い実がなる。

参考文献[編集]

  • 島袋敬一編著 『琉球列島維管束植物集覧』 九州大学出版会、1997年。