セナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムラテン語: Senatus consultum ultimum)またはセナトゥス・コンスルトゥム・デ・レ・プブリカ・デフェンデンダラテン語: senatus consultum de re publica defendenda)は、共和政ローマ元老院が布告した緊急の法令である。

概要[編集]

日本語に訳すと「元老院による最終的な布告」または「共和政を守るための元老院による布告」となる。定型文は、ラテン語: videant consules neres publica detrimenti capiat (両執政官は国家に害が及ばぬよう対処せよ)[1]

日本語の訳語にあるように、共和政を脅かす者に対して元老院が発令する法令であり、最後通告である。内乱の一世紀にたびたび発令されたが、その性格上、発令の対象者は閥族派(元老院派)の政敵・民衆派になることが多かった。

歴史[編集]

確認できる最初のセナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムは、紀元前121年に当時の護民官ガイウス・グラックス(及び彼の支持者)に対処するため、執政官に向けて布告されたものである。結果、元老院の支持者によって追い込まれたガイウスは自害、支持者も虐殺された。

紀元前100年、護民官のルキウス・アップレイウス・サトゥルニヌス(及び彼の支持者)に対してセナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムが発令され、サトゥルニヌス一派はローマ軍に降伏するものの、最終的に反対勢力の手で殺害された。なお、サトゥルニヌスを殺害したガイウス・ラビリウスドイツ語版は、紀元前65年ガイウス・ユリウス・カエサルと組んだティトゥス・ラビエヌスからサトゥルニヌス殺害の罪で告発されているが、ラビリウスの高齢という事情もあり、後に裁判自体が立ち消えとなった(カエサルがラビリウスを告発した真の目的は、セナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムへ疑義を突きつけることだったとされる)。

紀元前77年ルキウス・コルネリウス・スッラの死後にローマに対して反乱を起こしたマルクス・アエミリウス・レピドゥスに対してセナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムが布告された。

紀元前63年ルキウス・セルギウス・カティリナの支持勢力による国家転覆の陰謀が明らかになる。当時の執政官マルクス・トゥッリウス・キケロはカティリナ一派に対してセナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムを発令することを元老院に要請、カエサルから反対に遭うものの、最終的にセナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムは発令された。キケロのカティリナ事件への対応はローマ市民に支持され、キケロは「国家の父」の称号を得たが、紀元前58年プブリウス・クロディウス・プルケルが護民官に就任すると、クロディウスからセナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムについて糾弾を受け、キケロはローマを追放された(後に元老院の決議を受けローマに帰還する)。

紀元前49年ローマ内戦の開戦前に、カエサルに対してセナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムが発令されるが、内戦でカエサルが勝利。以後、セナトゥス・コンスルトゥム・ウルティムムが発令されることはなかった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ リウィウス, p.11 脚注6.

参考文献[編集]