セサミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セサミン
識別情報
CAS登録番号 607-80-7 チェック
PubChem 5204
ChemSpider 65258 ×
KEGG C10882 ×
ChEBI CHEBI:66470 ×
ChEMBL CHEMBL252915 ×
特性
化学式 C20H18O6
モル質量 354.35 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

セサミン (sesamin) はゴマリグナンに含まれる成分の一つ。

セサミンはピペリトール/セサミン合成酵素(CYP81Q1)が単独で触媒する2回のメチレンジオキシブリッジ形成反応によってピノレジノールからピペリトールを経て生成される。 セサミンはごま油サンショウから分離する技術がサントリーによって最初に開発されている[要出典]

薬効[編集]

日本、台湾、韓国などのアジアでの研究を中心に薬効が報告されている。

ヒトへの投与実験では、台湾の王らのグループから被験者各20人を対象とした実験から肝機能向上が報告されている[1]

モデル動物への投与実験では、コレステロール吸収の阻害[2]、抗がん効果[3]、アルコールや四塩化炭素による障害に対する防御効果[4]が日本の山田ら(サントリー)から最初に報告されている。また、田中らはさらに抗高血圧効果[5][6]を報告している。ただし、統計的に客観的な研究は無い。[7]

脚注[編集]

  1. ^ Chiu et al. Phytother Res. 2013 Mar;27(3):368-73.
  2. ^ Hirose et al. (1991) J Lipid Res 629-638
  3. ^ Hirose et al. Anticancer Res. 1992 Jul-Aug;12(4):1259-65.
  4. ^ Hirose et al. Anticancer Res. 1992 Jul-Aug;12(4):1259-65.
  5. ^ Matsumura et al. Biol Pharm Bull. 1995 Jul;18(7):1016-9.
  6. ^ Kita et al. Biol Pharm Bull. 1995 Jul;18(7):1016-9.
  7. ^ Kamal-Eldin A, Moazzami A, Washi S (January 2011). “Sesame seed lignans: potent physiological modulators and possible ingredients in functional foods & nutraceuticals”. Recent Pat Food Nutr Agric 3 (1): 17–29. doi:10.2174/2212798411103010017. PMID 21114470. 

外部リンク[編集]