スヴェトラーナ (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スヴェトラーナ Светлана
スヴェトラーナ
スヴェトラーナ
艦歴
起工 1856年10月1日 Kredit Maritaime & Arschan造船所
進水 1858年3月3日
就役 1858年10月2日
所属 Naval Ensign of Russia.svg ロシア帝国海軍バルト艦隊
Naval Ensign of Russia.svg ロシア帝国海軍近衛艦隊
退役 1888年10月10日
解体 1892年2月15日
要目
艦種 フリゲート
艦級 スヴェトラーナ級
排水量 3188 t
全長 77.6 m
全幅 14.6 m
全高 6.6 m
機関 水平蒸気機関 1 基
ボイラー 6 基
出力 1100 ihp
スクリュー 1 基
燃料搭載量 212 t
速力 10.5 kn
航続距離 2000 近く
乗員 士官 24 名
水兵 414 名
武装 60ポンドNo.2 28 門
36ポンド砲 4 門
30ポンド砲 8 門

スヴェトラーナ(ロシア語:Светланаスヴィトラーナ)は、ロシア帝国スクリューフリゲート(Винтовой фрегат)である。1856年から1892年にかけてロシア帝国海軍に所属した。艦名は、キリスト教聖人である聖スヴェトラーナに由来する。

概要[編集]

スヴェトラーナは、1856年8月20日にロシア帝国艦隊に編入された。建造は同年10月1日からフランスボルドーにある造船所Kredit Maritaime & Arschanで開始された。艦はを併用する蒸気船で、材料にはオークマホガニーが用いられた。同時代の多くの艦と同様、スヴェトラーナは装甲を有しなかった。主兵装はNo.2/60 ポンドとされた。

スヴェトラーナは、1858年3月3日進水した。同年10月2日には戦力化され、翌1859年クロンシュタットへ回航された。蒸気機関を搭載するスヴェトラーナは、当時としては高速の10.5 knの速力を発揮した。シュナイダー・クレゾ工場製の蒸気機関は、1100 指示馬力(ihp)の力を発揮した。

1860年から1862年にかけて世界一周の航海を実行した。1868年から1870年の間は、基本修理のためクロンシュタット汽船工場にあった。この際、兵装は8 inch(203 mm)砲10門に改められた。この内6 門は艦内に設置され残る4 門は開放式とされたが、のちにこれら4 門は撤去された。

1883年2月5日から1884年10月5日にかけては、近衛艦隊所属となった。しかし、さすがに戦力的な旧式化は否めず、1888年10月10日には戦列から外されクロンシュタット軍港で保管された。1892年2月15日には解体工場へ回航された。1895年、艦名は新造する防護巡洋艦に受け継がれた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]