スリマ・ストラヴィンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スリマ・ストラヴィンスキーSoulima Stravinsky, 1910年9月23日 - 1994年11月28日)は、スイス生まれのロシア系作曲家ピアニスト・音楽教師。ロシアの著名な作曲家・指揮者だったイーゴリの末子で、祖父は歌手俳優フョードル

父が「火の鳥」を発表した1910年ローザンヌで生まれた。「スリマ」という名はストラヴィンスキー家の本来の姓である「スリマ=ストラヴィンスキ」に由来する[1]

イシドール・フィリップにピアノを、ナディア・ブーランジェに作曲を師事した。1934年パリでデビューし、父の作品を共に演奏・録音した[2]1939年に父はアメリカに亡命したが、スリマはフランス陸軍に籍を置き、1946年にフランソワーズ・ボンと結婚した[1]

1948年になって父の招きに応じて渡米して以降アメリカで活動したが、その後は父と対立するようになった[1]

1950年から1978年までアーバナイリノイ大学でピアノを教えた[2][3]

スリマを含むイーゴリの子供たちはイーゴリの後妻であるヴェラと仲が悪く、1971年に父が没するとヴェラとの間で8年間にわたって遺産を争った[4]

スリマ・ストラヴィンスキーの作品は父が没した後になってようやく出版された。大部分はピアノ曲で、演奏会用の曲のほかに教育用作品がある[1]。創造的芸術家としては父親の名声の影に隠れてしまっている。

ほかに、管弦楽法オーケストラに関する著作がある。演奏家として、父親のピアノ曲を録音にのこした。

1994年フロリダ州サラソータで死去した。84歳だった。

脚注[編集]