スライマーン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スライマーン2世
شاه سلیمان
Suleiman II of Iran.jpg
スライマーン2世の金貨
在位 1749年12月17日 - 1750年1月

出生 1714年6月
エスファハーン
死去 1763年5月
ホラーサーンマシュハド
配偶者 ハーン・アーガー・ベーグム(スルターン・フサインの娘)
王朝 サファヴィー朝
父親 ミール・サイード・モハンマド・マラシ
母親 シャバヌ・ベーグム・サファヴィー
テンプレートを表示

スライマーン2世ペルシア語: شاه سلیمان‎ Suleiman II, 1714年 - 1763年)は、サファヴィー朝の王位僭称者(在位:1749年 - 1750年)。マシュハドにあるイマーム・レザー廟英語版を管理していた。名をミール・サイード・モハンマド・マラシといった。

生涯[編集]

1748年10月、イラン貴族はマシュハドにおいてシャー・ルフを王位に即けた。この2か月前、イブラーヒームシャーを称していたが、イブラーヒームは敗北し逃亡した。この時スライマーンはイブラーヒームがマシュハドに入るのを許さなかった。1749年12月、母がサフィー2世スライマーンの娘であったため、スライマーンはクルド人ジャライル朝の族長らに擁立され、スライマーン2世として即位した。この時シャー・ルフは盲目にされたが、数か月後に再び王位に即き、スライマーン2世は廃位され盲目にされた。

参考文献[編集]

  • Floor, Willem, A Note on The Grand Vizierate in Seventeenth Century Persia, Harrassowitz Verlag, 2005, pp. 435 – 481