サフィー2世スライマーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サフィー2世 / スライマーン1世
شاه صفی / شاه سلیمان
サファヴィー朝第8代シャー
Suleiman I of Persia.jpg
在位 1666年 - 1694年

出生 1647年
死去 1694年7月29日
子女 アッバース
スルターン・フサイン
シャバヌ・ベーグム(スライマーン2世の母)
父親 アッバース2世
母親 ナキハト・ハーヌム
テンプレートを表示

サフィー2世またはスライマーン1世(Safi II/Suleiman I, 1647年 - 1694年7月29日)は、サファヴィー朝の第8代シャー(在位:1666年 - 1694年)。アッバース2世とナキハト・ハーヌムの子。初めサフィー2世と名乗ったが、後に縁起担ぎのためスライマーンに改名した。

生涯[編集]

1666年10月に父が亡くなり、11月1日に即位してサフィー2世と名乗ったが、疫病・飢餓・地震と災害続きで北のコサック侵入、東のウズベク再襲撃にも見舞われ、サフィー2世自身も病気に倒れた。こうした事態は即位式の日取りに問題があったとされ、1668年3月20日に改めて即位式が挙行されスライマーンと改名した。しかしスライマーンは後宮育ちの怠惰で無能な人物であり、政治を大臣に丸投げして酒と女に溺れて自堕落な日々を過ごした。

だが、宮廷に引き籠ると後宮の女性や宦官に信頼を寄せていったため、宦官達がシャーの信頼を楯に政治に介入、大臣達の命令を覆して私欲に走る事態となり、浪費ばかりする宮廷の費用は増大し領民は重税に苦しみ、軍も弱体化してカスピ海を荒らし回るコサックのステンカ・ラージンホラーサーンに侵攻するウズベクに成す術が無くサファヴィー朝は衰退に向かっていった。1694年にスライマーンは酒が引き起こした脳卒中で死去、子のスルターン・フサインが即位したが、サファヴィー朝はフサインの代で更に退廃、滅亡への道を歩んでいった。

参考文献[編集]