ステロイド-21-モノオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステロイド-21-モノオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.14.99.10
CAS登録番号 9029-68-9
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ステロイド-21-モノオキシゲナーゼ(steroid 21-monooxygenase)は、ステロイドホルモン生合成酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ステロイド + 還元型受容体 + O2 \rightleftharpoons 21-ヒドロキシステロイド + 受容体 + H2O

この酵素の基質ステロイド、還元型受容体とO2で、生成物は21-ヒドロキシステロイド、受容体とH2Oである。補因子としてヘムフラビンを用いる。

この酵素は酸化還元酵素に属し、基質に特異的に作用する。酸素は酸化剤として還元されると同時に基質に取り込まれる。組織名はsteroid,hydrogen-donor:oxygen oxidoreductase (21-hydroxylating)で、別名にsteroid 21-hydroxylase、21-hydroxylaseがある。

参考文献[編集]

  • Hayano, M. and Dorfman, R.I. (1952). “The action of adrenal homogenates on progesterone, 17-hydroxyprogesterone and 21-desoxycortisone.”. Arch. Biochem. Biophys. 36: 237-239. 
  • Plager, J.E. and Samuels, L.T. (1953). “Synthesis of C14-17-hydroxy-11-desoxycorticosterone and 17-hydroxycorticosterone by fractionated extracts of adrenal homogenates.”. Arch. Biochem. Biophys. 42: 477-478. 
  • Ryan, K.J. and Engel, L.L. (1957). “Hydroxylation of steroids at carbon 21.”. J. Biol. Chem. 225: 103-114.