ステファニア・サンドレッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ステファニア・サンドレッリ
Stefania Sandrelli
ステファニア・サンドレッリ Stefania Sandrelli
生年月日 (1946-06-05) 1946年6月5日(73歳)
出生地 トスカーナ州ルッカ県ヴィアレッジョ
国籍 イタリアの旗 イタリア
主な作品
イタリア式離婚狂想曲
あんなに愛しあったのに
テンプレートを表示

ステファニア・サンドレッリStefania Sandrelli, 1946年6月5日 - )は、イタリアティレニア海沿岸のヴィアレッジョ出身の女優

父親は小ホテルの経営者。商業学校を卒業後、バレエダンサーを目指してバレエ学校に入学。1959年に地元の水着コンテストでミス・ニンフェットの第2位に入賞したのをきっかけにモデルとなり、1961年に『GIOVENTU DI NOTTE』で映画デビュー。ピエトロ・ジェルミ作品の『イタリア式離婚狂想曲』や『誘惑されて棄てられて』で若手の演技派スターとして認められる。その後はベルナルド・ベルトルッチエットーレ・スコラの作品などに登場。1980年代以降はエロティシズムを題材にした映画で大胆なポーズを見せる。

1965年に未婚のまま生んだ娘のアマンダ・サンドレッリも女優。

受賞歴[編集]

  • 『山いぬ』でサン・セバスチャン映画祭最優秀女優賞
  • 『ミニョンにハートブレイク』でドナテッロ賞主演女優賞
  • 『星降る夜のリストランテ』でナストリ・ダルジェント賞助演女優賞

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]