ステディ×スタディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ステディ×スタディ
ゲーム
ゲームジャンル 恋愛アドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
発売元 アイディアファクトリー
発売日 2004年3月25日
レイティング 全年齢対象
キャラクター名設定 不可
エンディング数 13
キャラクターボイス 女性あり。男性はムービー内のみ。
OVA
発売日 2004年5月26日
話数 1
テンプレート - ノート

ステディ×スタディ』は、2004年3月25日にアイディアファクトリーから発売されたPlayStation 2用ソフト、およびそれを基としたOVA

ゲーム概要[編集]

アイディアファクトリーの男性向け恋愛ゲームブランド「アイエフメイト」の第1作。会社が原宿に移転したのを機に、「オシャレの最先端の街を活かして、アニメーションの製作とあわせて作ろう」という企画が立ち上がった。しかし社内に恋愛ゲームのノウハウはまったくなく、新しいスタッフでゼロから作る運びになった[1]

そのためか、ゲーム中にはアニメーションシーンがふんだんに盛り込まれる一方で、後の作品に比べて操作系がまだ充実しておらず、この種のゲームが一般的に実装しているクリア後のCG鑑賞モードもない。

恋愛の対象となるヒロインは4名。ゲーム内容は、小雪・玲香・芽衣を中心とした演劇部編と、望が主役となる勉強部編の2つに大別される。

ゲームシステム[編集]

特定の場所で左右を自由に見回せるASV (Around Search View) システムを搭載。喫茶店で話し相手に顔を向けたり、授業中に隣の席の女の子を見つめたりできる。見ている方向によって新たな発見をする可能性がある反面、よそ見をしたせいで何かを見逃すこともありうる。

ストーリー[編集]

原宿の私立神森学園に通う仲根マコトは、これまで流されるままに日常を過ごしてきた。

しかしそんなある日のこと、突然友人に「演劇部に入部してくれ!」と頼まれ、幼馴染の女の子には「勉強部に入りなさい!」と迫られてしまった。どうやらマコトにも自分の意志で決断をする時が来たようだ……。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

中根 マコト(なかね マコト)
- 伊藤舞子
主人公の少年。能力も性格も中庸的。まわりの空気に流されやすい。
斉藤 小雪(さいとう こゆき)
声 - 橋本京子
マコトのクラスメイトで、隣の席の子。教室ではおとなしいが、大好きな演劇に関することでは打って変わって活発になる。
星 玲香(ほし れいか)
声 - 野中藍
演劇部所属。成績は悪いが、絵画や服飾デザインに関してはプロ並みの能力を持つ。かなりのオタク趣味でコスプレ好きであり、合宿所では猫耳をつけていた。
安倍川 望(あべかわ のぞみ)
声 - 広橋涼
マコトの幼馴染。通称「もっちー」。頭脳は明晰だが行動は傍若無人であり、謎のクラブ「勉強部」設立のためにマコトを勧誘する。
上原 芽衣(うえはら めい)
声 - 三五美奈子
演劇部所属。控えめでさっぱりした性格。シンガーソングライター志望で、休日には代々木公園でギターを奏でている。

サブキャラクター[編集]

若林 哲(わかばやし さとる)
声 - 桜井泰平
マコトの親友。両親が俳優で、自らも演劇部の部長を務める。都合が悪くなると現実逃避をする癖がある。
薄井 遥(うすい はるか)
声 - 高橋あみか
演劇部所属。影があるけれども影の薄い少女。
佐倉 萌(さくら もえ)
声 - 猪口有佳
勉強部所属。マコトの遠縁の親戚。アイドルのようにかわいらしく、人懐っこい。
北川 なつみ(きたがわ なつみ)
声 - 谷優子
演劇部の会計。お金に細かい。眼鏡の反射のせいで彼女の素顔は見えない。
来生 里香(きすぎ りか)
声 - 谷優子
勉強部の顧問。望の叔母だが、まだ若い女性なので「おばさま」と呼ばれることを嫌がっている。
白銀 洸一(しろがね こういち)
勉強部所属。聡明な美形。望のことが好きで、彼女のために入部した。
野々宮 玲二(ののみや れいじ)
勉強部所属。学園の秀才四天王と呼ばれるほどの逸材だが、佐倉萌に一目ぼれしてしまう。
柏木 京介(かしわぎ きょうすけ)
勉強部所属で、やはり秀才四天王の1人。何事にも動じない性格。
安川先生(やすかわせんせい)
演劇部の顧問。初老の男性だが、かつては児童劇団に所属していたという。常に白いスーツ姿である。

OVA版キャラクター[編集]

切詰 たまえ(きりつめ たまえ)
声 - 高橋あみか
演劇部への予算を削減しようとする、物語上の敵役。
我満 四郎(がまん しろう)
同じく予算削減側の男。

ゲームスタッフ[編集]

  • 企画・プロデュース - 桑名真吾
  • 製作プロデュース - 佐藤嘉晃
  • ゲームディレクター - 岩田修平
  • アニメーションディレクター - 川村裕之
  • 脚本 - 南原順
  • キャラクターデザイン - 平野克幸
  • アニメーション作画監督 - 大貫健一
  • サウンド - 吉川健一
  • オープニングテーマ「NO WHERE GIRL
  • エンディングテーマ「PARADISE is OVER
    • 作詞 - 桑原永江 / 作曲 - 吉川慶 / 歌 : 片山さゆり

OVA[編集]

2004年5月26日にキングレコードから販売された。マコトと小雪を主役に、つぶれかけた演劇部が再建を目指して奔走する姿を描く。

関連商品[編集]

書籍[編集]

CD[編集]

いずれも株式会社ぴっころから発売された。

  • ステディ×スタディ オリジナルドラマCD「史上最低ヴァカンス(仮)」
  • ステディ×スタディ キャラクターソングCD
    • 風がささやく時(斉藤小雪)
    • 星からの手紙(上原芽衣)
    • ジーク!勉強部(安倍川望)
    • 明日へGo!Go!(星玲香)

脚注[編集]

  1. ^ 『ステディ×スタディ 公式設定&攻略ガイド』p.92

外部リンク[編集]