スズハモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズハモ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : カライワシ上目 Elopomorpha
: ウナギ目 Anguilliformes
: ハモ科 Muraenesocidae
: ハモ属 Muraenesox
: スズハモ M. bagio
学名
Muraenesox bagio
F. Hamilton, 1822

スズハモ(pike eel)は、インド太平洋全体で見られるウナギ目の魚である。オーストラリアでは南西部の西オーストラリアやニューサウスウェールズ州沖で見られる。平均の体長は1.8mになり、日中に活動する。ハモとの違いは、側線孔の数がおおよそ40個以下であることである[1]

繁殖[編集]

メスは、オーストラリア沖で産卵し、9から10週間で孵化する。メスは、1年間に400万個に達する数の卵を産む。

出典[編集]

  1. ^ 三重県水産研究所

外部リンク[編集]