アイアールディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スズキスポーツから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社アイアールディー
IRD Co.Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
438-0213
静岡県磐田市竜洋稗原665
設立 1986年5月1日
事業内容 競技用自動車の企画・設計・製造および開発業務全般
代表者 代表取締役社長 田嶋直信
資本金 3,000万円
従業員数 70名 (2013年4月現在) 
外部リンク http://ird.jpn.com/
特記事項:2015年10月1日、株式会社タジマモーターコーポレーションに吸収合併された。
テンプレートを表示

株式会社アイアールディーIRD Co.Ltd)は、かつて存在した日本のレーシングコンストラクター会社である。本社は静岡県磐田市

旧社名は株式会社スズキスポーツ(Suzuki Sport Co.Ltd)スズキのグループ会社として、スズキのモータースポーツ活動を統括していた。

概要[編集]

  • 1986年5月1日設立。「スズキのグループ会社」という事でスズキが出資した会社と思われがちだが、もともと田嶋伸博が自身の資本で設立した会社であり、スズキ本社の資本は2007年まで全く入っていなかった。しかし、事実上スズキのワークス・チーム的扱いで長年にわたりモータースポーツ活動を行ってきた。
  • 2002年、世界ラリー選手権(WRC)に『スズキ イグニス Super1600』で参加、2006年以降、ジュニア世界ラリー選手権(JWRC、現在のFIAジュニアラリー選手権)にも参加中である。また、2007年より世界ラリー選手権に『スズキSX4 WRC』で参加しているラリーチーム『Suzuki World Rally Team(en)』はスズキスポーツの一組織である。
  • その関係を強化すべく、2007年にスズキ本社が35.06%出資し経営に参加していた。
  • しかし、世界的な経済不安による自動車市場の縮小に伴い世界の自動車メーカーがモータースポーツ活動を休止・撤退させていく中、スズキも2009年にて世界ラリー選手権の参加を休止することになった。それに伴い同年スズキは、保有していたスズキスポーツ株を売却した[1]
  • 2011年12月1日に現在社名への変更を行なった。
  • 2015年10月1日、伸博が代表取締役会長兼社長を務める株式会社タジマモーターコーポレーションに吸収合併された[2][3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成22年3月期有価証券報告書より
  2. ^ 合併に関するご案内”. 株式会社アイアールディー (2015年9月). 2016年6月12日閲覧。
  3. ^ 合併に関するご案内”. 株式会社タジマモーターコーポレーション (2015年9月). 2016年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]