ススム・ヨコタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ススム・ヨコタ
出生名 横田 進
生誕 1961年
死没 2015年3月27日
ジャンル テクノ
アンビエント
職業 ミュージシャン
活動期間 1992年-2012年
レーベル skintone
公式サイト official web site

ススム・ヨコタ(横田 進、よこた すすむ、1961年 - 2015年3月27日[1])は、日本テクノミュージシャンDJ。写真やアートデザインも手がけた。

概要[編集]

デビューは1992年。TENSHIN名義でドイツのレーベルからシングルをリリースした。翌1993年、当時のテクノの有名レーベルであったドイツのハートハウスから、ファーストアルバム「Frankfurt Tokyo Connection」をリリース。このアルバムが注目され、日本人として初めてラブパレードに出演した。

また盛り上がりを見せ始めた日本のテクノシーンにおいて、海外の有名レーベルからリリースしたアーティストとしてケン・イシイらと共に大きく注目されるようになる。フロッグマンレコーズサブライムレコーズなど、日本のテクノレーベルが誕生するとともにリリースの中心を日本のレーベルに移していく。

1998年には、自身のレーベルであるSkintoneを設立する。英国でのリリースはLO RECORDINGSからの配給となる。これだけに留まらず、石野卓球の主催するレーベルkoplatiko(platicのサブレーベル)や日本のBEAT RECORD、英国のリーフ・レーベルからも作品を発表するなど、レーベルの枠を超えた活動をしている。 自身のアルバムだけでなく日本国内のテレビゲームやテレビアニメへの楽曲の提供も行い、ハリウッド映画「バベル」でも楽曲が使用された。

1999年発表のアルバム「sakura」は『ブライアン・イーノの再来』など英メディアで絶賛を受ける。ビョークレディオヘッドトム・ヨーク、現代音楽家のフィリップ・グラスもヨコタのファンだった[1]。だが、当時から体調を崩していたヨコタは海外からのオファーを断っていた。

デビュー当初は毎年アルバムを発表し、多い時は共作名義も含めて4枚も発表するなど多作家で知られた。その後は体調を崩したためかリリースが少なくなり、2012年の作品「Dreamer」を最後に発表が途絶えた。 2015年3月27日、長い病気療養の末、死去。享年54歳[2][3]
晩年はコンスタントに楽曲をリリースする一方、クラブ・シーンや音楽業界のしがらみを嫌い、音楽関係者との接点をあまり持たなかったという[4]

アーティスト名義[編集]

デビュー後数年は複数の名義を使い分けていた。 キャリア中期からのリリースは、ススム・ヨコタ名義が中心であった。

  • Susumu Yokota
  • TENSHIN
  • YOKOTA - ドイツのハートハウスから作品を発表する時の名義。2009年には1997年から12年ぶりにYOKOTA名義で同レーベルから新作を発表した。
  • EBI - ドイツのスペース・テディ(ラブパレードの創始者Dr.Motteの運営していたレーベル)から作品を発表した時の名義。
  • YIN&YANG
  • MANTARAY - Ray Castle[2]とのユニット
  • SONIC SUFI - Ray Castle、Takehiro Tokudaとのユニット
  • BAMBOO DATA - Thoms Bitとのユニット
  • ANIMA MUNDI
  • 246
  • RINGO
  • PRISM - サブライムから作品を発表していたときの初期の名義。途中からSusumu Yokota名義となった。
  • STEVIA
  • Susumu Yokota & Rothko - 英ポストロックバンドRothkoとのユニット
  • SYMBOL

ディスコグラフィー[編集]

併記の無い物はSusumu Yokota名義

アルバム[編集]

  • Frankfurt Tokyo Connection(1993年、YOKOTA)
  • Zen(1994年、EBI)
  • Acid Mt.Fuji(1994年)
  • Sakuramental(1994年、SONIC SUFI)
  • Numinous Island(1994年、MANTARAY)
  • Plantation(1995年、RINGO)
  • Metronome Melody(1995年、PRISM)
  • Ten(1995年、EBI)
  • Anima Beat(1996年、ANIMA MUNDI)
  • Cat,Mouse And Me(1996年、YOKOTA)
  • Bamboo Data(1996年、BAMBOO DATA)
  • Fruit Of The Room(1997年、STEVIA)
  • Fallen Angel(1997年、PRISM)
  • Greenpeace(1998年、STEVIA)
  • Magic Thread(1998年)
  • 1998(1998年)
  • Image 1983-1998(1998年)
  • 1999(1999年)
  • Sakura(1999年)
  • Mix(1999年)
  • Zero(2000年)
  • Leaf Compilation Mix By Susumu Yokota(2000年)
  • J-phone. Tone Of Water, Colors Of J-Sky(2000年、BAMBOO DATA)
  • Zero Remixies(2001年)
  • Grinning Cat(2001年)
  • Will(2001年)
  • Sound Of Sky(2002年)
  • The Boy And The Tree(2002年)
  • Overhead(2003年)
  • Laputan(2003年)
  • Baroque(2004年)
  • Symbol(2004年)
  • Distant Sound Of Summer(2005年、Susumu Yokota & ROTHKO)
  • Wonder Waltz(2006年)
  • Lo Compilation Mix By Susumu Yokota(2006年)
  • Triple Time Dance(2006年)
  • Love Or Die(2007年)
  • Skintone Collection(2007年)
  • Mother(2009年)
  • Psychic Dance(2009年、YOKOTA)
  • Kaleidoscope(2010年)
  • Dreamer(2012年)

コンピレーション・リミックス参加[編集]

『レトリックス&ロジックス Susumu Yokota Remix』
  • SUBLIME THE INFANCY 9396(1998年)
『TAMBARIN』『H』『ZENMAI』『PLANET EGG (PRISM)』『SUMIRE (RINGO)』
『ブルージーンズ Susumu Yokota Remix』
『魔法 Susumu Yokota Remix』
  • Pacific State(1999年)
『Soft Tone』(Prism)
『Gataway』
  • Iron Fist -Rebirth of superrobots-(2000年)
たたかえ!ガ・キーン(Cannot Escape Mix)』
  • ここに居る理由(beret、2000年)
『ここに居る理由(Susumu Yokota Mix)』
  • The Millennium of BEETHOVEN -CLASSIC★REMIX-(2000年)
運命 Susumu Yokota Mix』
  • INNER FILM(2001年)
betty blue 〜betty et zorg(susumu yokota mix)』
『理由 Susumu Yokota Remix』
  • Tangent 2002 : Disco Nouveau(2002年)
『Re:Disco』
  • beatmania IIDX REMIX for 10th Success Anniversary(2004年)
『SCORE 〜Mars on mix〜』
『Chaotic Waltz』
  • Fine The Best Of Frogman(2007年)
『Extension』『Left Arm』『Field Magic(YING&YANG)』
  • Life Beyond Mars : Bowie Covered(2010年)
『Golden Years』
  • Songs Of Twilight(2010年)
『Love Tendrilises』

脚注[編集]

  1. ^ http://www.lorecordings.com/artist/susumu-yokota/
  2. ^ 【NEWS】R.I.P 横田進(Susumu Yokota)2015年3月27日、54歳にて永眠いたしました。”. Sublime Records公式website (2015年7月14日). 2015年7月15日閲覧。
  3. ^ 訃報”. Sublime Records公式facebook 2015年7月14日 (2015年7月14日). 2015年7月15日閲覧。
  4. ^ R.I.P. 横田進 - ele-king.net(2015年7月10日付)

外部リンク[編集]