スキクダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スキクダ
سكيكدة
—    —
Skikda
スキクダ市街地
スキクダの位置
スキクダの位置(アルジェリア内)
スキクダ
スキクダ
スキクダの位置
座標: 北緯36度52分 東経6度54分 / 北緯36.867度 東経6.900度 / 36.867; 6.900
アルジェリアの旗 アルジェリア
スキクダ県
地区 スキクダ地区
設立 1838年
面積
 - 計 52km2 (20.1mi2)
標高 18m (59ft)
人口 (2008年)
 - 計 182,903人
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+01)
郵便番号 21000

スキクダ(アラビア語:سكيكدة)はアルジェリア北東部のスキクダ県の県都。 ストラ湾に面する港湾都市で、かつてはシヌス・ヌミディクスと呼ばれていた。 2008年の人口は約18.3万人だった。 新ムーア様式の市役所と駅はル・コルビュジエが設計した。 公式の市の旗は青と白で、地中海を表す。 アルジェオランに次いで国内3位の貿易港を持つ。

歴史[編集]

スキクダ博物館の像

フェニキア人が都市を築いた。

古代ローマがその上に都市を築き、「ルシケード」と名付けた。 カルタゴ語で「火の岬」を表す。

5世紀ヴァンダル人がルシケードを破壊した。

1838年コンスタンティーヌの港として、フランスが「フィリップヴィル(Philippeville)」と名付け都市を築いた。 コンスタンティーヌ・スキクダ鉄道が設置された。[1]

1883年10月10日、地震が起きる。[2]

1911年ベデカーは「アルジェリアの最も若い海港」と記した。[1]

第一次世界大戦勃発直後の1914年8月4日、フィリップヴィルはドイツ巡洋戦艦ゲーベンにより砲撃を受けた。この時、近郊のボーヌ軽巡洋艦ブレスラウにより砲撃されている。

第二次世界大戦終盤、連合国救済復興機関(UNRRA)のジャンヌダルク難民キャンプがスキクダに設置された。 1945年1月25日、南北アメリカ市民権を持つ200人のユダヤ人が、捕虜交換の為にベルゲン・ベルゼン強制収容所からスイスに送還された。 彼らは後にスキクダの難民キャンプに送られた。[3]

1955年アルジェリア戦争の中でアルジェリア民族解放戦線(FLN)がスキクダを攻撃し、123人の市民が殺害された(フィリップヴィルの戦い英語版)。多くはフランス人とその協力者と見做された者達だった[4]。虐殺に激怒したフランスはFLNへの攻撃を強めた。フランスによる報復で1200人(フランス発表)~1.2万人(FLN発表)が殺害された。

1970年代天然ガス、石油精製、石油化学工業が発展し、パイプラインが建設された。

1989年2月15日、悪天候の中でオランダタンカーのマースルイス号が、翌日のドック入りに備えて港外に停泊していた。 しかし、碇が外れ船は港に激突した。 この災害で乗員29人の内27人が死亡した。[5]

2004年1月19日、LNG施設で爆発火災が起き、29人が死亡し、9.4億ドル(当時のレートで約1000億円)の被害を出した。 これは世界のLNG取引量の2%に相当する。

2014年のマーシュ報告書で、2004年の事故は炭化水素産業の事故で歴代3位の規模と発表された。

地理[編集]

スキクダは地中海のストラ湾に面する。 丘と森が多く、市の東西に高い山脈が連なる。

気候[編集]

地中海性気候(Csa)で、涼しく湿った冬と、とても暖かく乾いた夏が訪れる。

スキクダ (1961年1990年、但し極端な値は1926年1992年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 26.4
(79.5)
30.6
(87.1)
32.0
(89.6)
34.6
(94.3)
38.8
(101.8)
41.0
(105.8)
44.4
(111.9)
46.7
(116.1)
44.0
(111.2)
38.0
(100.4)
33.0
(91.4)
28.0
(82.4)
46.7
(116.1)
平均最高気温 °C (°F) 16.1
(61)
16.6
(61.9)
17.5
(63.5)
19.5
(67.1)
22.2
(72)
25.1
(77.2)
28.4
(83.1)
28.9
(84)
27.3
(81.1)
24.3
(75.7)
20.5
(68.9)
17.1
(62.8)
22.0
(71.6)
日平均気温 °C (°F) 12.0
(53.6)
12.3
(54.1)
13.2
(55.8)
15.1
(59.2)
17.9
(64.2)
21.0
(69.8)
23.9
(75)
24.6
(76.3)
22.9
(73.2)
19.8
(67.6)
16.1
(61)
13.0
(55.4)
17.6
(63.7)
平均最低気温 °C (°F) 8.0
(46.4)
7.9
(46.2)
8.8
(47.8)
10.7
(51.3)
13.5
(56.3)
16.7
(62.1)
19.4
(66.9)
20.2
(68.4)
18.5
(65.3)
15.3
(59.5)
11.6
(52.9)
8.9
(48)
13.3
(55.9)
最低気温記録 °C (°F) 0.0
(32)
−0.5
(31.1)
−0.6
(30.9)
3.0
(37.4)
5.0
(41)
8.0
(46.4)
10.2
(50.4)
12.3
(54.1)
11.6
(52.9)
2.0
(35.6)
0.0
(32)
0.0
(32)
−0.6
(30.9)
降水量 mm (inch) 115.3
(4.539)
94.0
(3.701)
75.6
(2.976)
60.8
(2.394)
29.9
(1.177)
13.1
(0.516)
2.9
(0.114)
9.7
(0.382)
30.1
(1.185)
75.0
(2.953)
99.2
(3.906)
123.0
(4.843)
728.8
(28.693)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 15 11 12 10 7 5 1 3 7 12 13 16 112
 % 湿度 75 75 75 75 76 75 73 75 75 74 75 75 75
平均月間日照時間 139.5 155.4 207.7 222.0 279.0 306.0 356.5 322.4 258.0 201.5 156.0 133.3 2,737.3
平均日照時間 4.5 5.5 6.7 7.4 9.0 10.2 11.5 10.4 8.6 6.5 5.2 4.3 7.5
出典 1: NOAA[6]
出典 2: Deutscher Wetterdienst (extremes 1926–1992, sun 1952–1990, humidity 1973–1992, and avg. precipitation days 1952–1970)[7]

交通[編集]

スキクダ駅

N3号線がスキクダからEl Arrouch、コンスタンティーヌバトナビスクラトゥーグラに伸びている。 コンスタンティーヌ・スキクダ鉄道の終点である。 スキクダ空港英語版が有るが、現在は使われていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b Philippeville, Algeria” (1899年). 2013年9月26日閲覧。
  2. ^ “EARTHQUAKE SHOCK IN ALGERIA”. New York Times. (1883年10月10日). http://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9801E5DF103BE033A25753C1A9669D94629FD7CF 
  3. ^ source Page at Holocaust database
  4. ^ Ben Abro, Assassination! July 14, University of Nebraska Press (2001), p251
  5. ^ Website Nieuwsdossier on Sinking of Maassluis, retrieved 3 August 2010
  6. ^ Climate Normals for Skikda”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2016年3月27日閲覧。
  7. ^ Klimatafel von Skikda (Philippeville) / Algerien” (German). Baseline climate means (1961-1990) from stations all over the world. Deutscher Wetterdienst. 2016年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]