バトナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バトナ
باتنة
ⵜⴱⴰⵜⴻⵏⵜ
バトナの一角

印章
バトナ県内での位置
バトナの位置(アルジェリア内)
バトナ
バトナ
Location of Batna within Algeria
座標: 北緯35度33分 東経6度10分 / 北緯35.550度 東経6.167度 / 35.550; 6.167
アルジェリアの旗 アルジェリア
バトナ県
面積
 - 計 85km2 (32.8mi2)
標高 1,050m (3,445ft)
等時帯 CET (UTC+01)
市外局番 (+213) 033
ナンバープレート 05

バトナアラビア語: باتنة‎、ベルベル語:ⵜⴱⴰⵜⴻⵏⵜ, Tbatent)は、アルジェリア都市バトナ県の県都に定められている。2008年当時の人口は290,645人であり[1]、アルジェリアの都市では5番目に人口が多い。シャウィーア人英語版が多く住む都市のひとつで、オーレス山脈の中心都市でもある。アルジェリアの首都アルジェの南東315kmに位置し、町の西には空港が置かれている[2]

大通りを中心に計画的に建設された市街地が広がり、町の東には軍事基地が置かれている[3]

歴史[編集]

アトラス山脈サハラ砂漠を結ぶカンタラ街道の防衛のためと周辺の山地の警備のため、1844年にフランスによって設置された軍事基地がバトナの起源である[3]。1848年に基地はラスル・アイウーン山の東に移転し、翌1849年にバトナと改称された[3]

2007年9月6日にバトナでアルカーイダによる大規模な自爆テロが起きる。3日間にわたってアルジェリア東部を視察していた当時のアルジェリア大統領アブデルアジズ・ブーテフリカが最後の日にバトナを訪れる機会を狙い、[4]、大統領一行の見物に集まった群衆の中で自爆テロは決行された[5]。テロはブーテフリカが町に到着する直前に行われ、15人から20人の死者[6][5][7]、107人の負傷者[8]が出た。国際連合安全保障理事会は、このアルカーイダによるテロ行為を強く非難した[9]

地理、気候[編集]

バトナは標高1,050mに位置し、オーレス山地の入り口となっている[2]。周囲を山に囲まれた盆地にあり、ティラトー川が流れている。夏季は暑く乾燥し、冬季は肌寒く湿度も高い。1945年1月4日には、バトナでアルジェリア最低気温の-20°Cが記録された[10][11]

バトナの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 9.8
(49.6)
11.2
(52.2)
13.7
(56.7)
17.7
(63.9)
22.8
(73)
29.1
(84.4)
33.0
(91.4)
31.9
(89.4)
26.9
(80.4)
20.3
(68.5)
14.2
(57.6)
10.8
(51.4)
20.12
(68.21)
日平均気温 °C (°F) 5.3
(41.5)
6.3
(43.3)
8.2
(46.8)
11.6
(52.9)
16.0
(60.8)
21.7
(71.1)
24.9
(76.8)
24.3
(75.7)
20.1
(68.2)
14.5
(58.1)
9.1
(48.4)
6.2
(43.2)
14.02
(57.23)
平均最低気温 °C (°F) 0.7
(33.3)
1.4
(34.5)
2.7
(36.9)
5.4
(41.7)
9.2
(48.6)
14.2
(57.6)
16.8
(62.2)
16.7
(62.1)
13.3
(55.9)
8.6
(47.5)
3.9
(39)
1.7
(35.1)
7.88
(46.2)
降水量 mm (inch) 24.9
(0.98)
29.3
(1.154)
38.0
(1.496)
31.7
(1.248)
32.0
(1.26)
20.1
(0.791)
7.5
(0.295)
17.7
(0.697)
37.3
(1.469)
27.3
(1.075)
31.7
(1.248)
28.7
(1.13)
326.2
(12.843)
出典: NOAA (1971-1990)[12]

人口[編集]

1901年 1926年 1931年 1936年 1948年 1954年 1966年 1974年 1977年 1987年 1998年 2004年
人口 6,900[13] 10,300[13] 13,600[13] 15,500[13] 21,700[13] 26,400[13] 54,900[13] 115,100[13] 102,800[13] 181,600[13] 246,800[13] 285,000[3]

経済[編集]

バトナは森林資源、農産物の商取引の中心地となっている[3]。 また、ティムガッドなどのローマ時代の遺跡を観光する拠点ともなっている。

脚注[編集]

  1. ^ Population: Batna Wilaya” (French). Office National des Statistiques Algérie. 2013年3月3日閲覧。
  2. ^ a b 『コンサイス外国地名事典』第3版、735頁
  3. ^ a b c d e 飯山「バトナ」『世界地名大事典』3、757頁
  4. ^ Many dead in Algeria suicide attack Al Jazeera retrieved September 10, 2007
  5. ^ a b Suicide Bombing Kills 15 in Algeria Archived 2007年9月9日, at the Wayback Machine. VOA News retrieved September 10, 2007
  6. ^ Suicide Bombing In Algeria Kills 15 Archived 2009年4月24日, at the Wayback Machine. AHN News retrieved September 10, 2007
  7. ^ 16 killed in Algeria bombing attack Archived 2014年6月27日, at Archive.is Excite News retrieved September 10, 2007
  8. ^ Suicide bomb kills 20 in Algeria BBC News retrieved September 10, 2007
  9. ^ United Nations Security Council Verbotim Report meeting 5738 page 2, The President on 7 September 2007 (retrieved 2008-05-20)
  10. ^ (フランス語) Bulletin Mensuel 1945, Algérie du Nord, Institut de Météorologie et de Physique du Globe de l’Algérie, NOAA Central Library, Climate Data Imaging Project. Retrieved 19 October 2010.
  11. ^ Herrara, Maximiliano. “Extreme Temperatures Around the World”. 2013年2月11日閲覧。
  12. ^ Climate Normals for Batna”. 2013年2月11日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k populstat.info

参考文献[編集]

  • 飯山陽「バトナ」『世界地名大事典』3収録(朝倉書店, 2012年11月)
  • 『コンサイス外国地名事典』第3版(三省堂編修所編, 三省堂, 1998年4月)