スカフタフェットル国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝焼けの氷山

スカフタフェットル国立公園(スカフタフェットルこくりつこうえん)はアイスランド南東部にある国立公園である。

公園内にはヨーロッパ最大の氷河ヴァトナヨークトル氷河やアイスランドの最高峰クヴァンナダルスフニュークル山などを含む。

地質[編集]

スケイザルアゥ川は氷河性河流扇状地 (ザンドル) なために1974年に国道1号線開通するまで最後まで分断された地域である。2009年に橋が架けられた地点では流れが止まってしまい、代わりに氷河の前から西へと流れ、東側の長い橋の下を流れる川の水量は以前に比べて減少した。

歴史[編集]

1362年、エーライヴァヨークトルの噴火により、地域は壊滅し後に「荒れ地」を意味するエーライバ氷河と名付けられた。

植生[編集]

羊の放牧を止めたことにより植生に大きな変化をもたらした。セイヨウトウキアンゼリカハマエンドウイトシャジンユキノシタが見られる。

野生生物[編集]

観光[編集]

キャンプ場は5月1日から9月30日まで開場しているが、公園の職員の許可を得れば期間外のキャンプが可能である。

外部リンク[編集]

座標: 北緯64度0分56秒 西経16度58分18秒 / 北緯64.01556度 西経16.97167度 / 64.01556; -16.97167