エーライヴァヨークトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エーライヴァヨークトル
View of Oraefa Jokull from Hali, Island 2008.jpg
東から見た山体
標高 2,109,6 m
所在地 アイスランド
位置 北緯64度00分00秒
西経16度39分00秒
座標: 北緯64度00分00秒 西経16度39分00秒
種類 成層火山
最新噴火 1728年
初登頂 1974年
エーライヴァヨークトルの位置(アイスランド内)
エーライヴァヨークトル
エーライヴァヨークトル
エーライヴァヨークトル (アイスランド)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

エーライヴァヨークトルアイスランド語: Öræfajökull)は、アイスランド最高峰の火山である[1]1974年8月11日に初登頂された。

地理[編集]

アイスランド南東部に位置しヴァトナヨークトル国立公園内にある。クヴァンナダルスフニュークル(Hvannadalshnúkur)を最高地点とし、氷河に覆われた4×5kmのカルデラがある。ヴァトナヨークトル氷河の南端に位置しヘプンヴィークの間にある国道1号線を俯瞰することができる。

火山活動[編集]

1362年[編集]

爆発的噴火によってテフラが噴出。これにより、Litla-Hérað地区が壊滅し火山灰は西ヨーロッパまで到達した。再びこの地に定住するまでに約40年以上を要した。

1727年[編集]

1727年から翌年の8月にかけて噴火があったが、規模は1362年より小さいものの水害の原因となり雪解け水によって農場が流され3人が死亡。

2017年[編集]

2017年8月に山頂火口の下1.5から10kmと震源が浅く微小な地震活動が増加。11月17日には火口内にアイスコールドロン英語版(氷の大釜)が出現。氷河下での活動が活発したとしてアメリカの航空カラーコードは黄色に引き上げられた。

2018年[編集]

4月に地震活動が活発化。

南西から見た山体

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Vatnajökulsþjóðgarður - Vatnajökull National ParkVatnajökull National Park(2013年7月17日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]