スオサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スオサン
識別情報
CAS登録番号 140-46-5
PubChem 8803
特性
化学式 C10H10N3NaO5
モル質量 275.19 g mol−1
融点

240°C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

スオサン(suosan)は、β-アラニンから誘導されたカロリーフリーの甘味料である。

β-4-ニトロアニリドアスパラギン酸のナトリウム塩で、スクロース(蔗糖)の700倍の甘さがあり[1]、後味は苦い[2]

しかしスオサンは水溶性が低く、特に酸性化では清涼飲料への使用が制限された[3][4]うえ、有害な4-ニトロアニリンへ変化する懸念があったため[4]食品添加物としては実用化されなかった。

出典[ソースを編集]

  1. ^ Santhosh, C. and Mishra, PC. (1994): Electrostatic potential and electric field mapping of some sweeteners of the suosan series: A search for the structure-activity relationship. In: International Journal of Quantum Chemistry 51(5), 335–341; doi:10.1002/qua.560510510
  2. ^ AD Kinghorn & CM Compadre, Alernative Sweeteners: Third Edition, Revised and Expanded, Marcel Dekker, New York, 2001 (ISBN 0-8247-0437-1), « Less common high-potency sweeteners », p. 208-234
  3. ^ Muller, George W; Culberson, J. Chris; Roy, Glenn; Ziegler, Jeanette; Walters, D. Eric; Kellogg, Michael S.; Schiffman, Susan S.; Warwick, Zoe S (May 1992). “Carboxylic acid replacement structure-activity relationships in suosan type sweeteners. A sweet taste antagonist. 1”. J. Med. Chem. 35 (10): 1747–1751. doi:10.1021/jm00088a008. 
  4. ^ a b Pyridinyl compounds of N-carbamoyl-N-thiocarbamoyl- or N-amidino-glycine or beta-alanine useful as sweetening agents. US Patent 4997667 A” (1991年3月5日). 2017年1月21日閲覧。

関連項目[ソースを編集]