スイートクローバー中毒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スイートクローバー中毒とはスイートクローバーに含まれるクマリンがカビの作用によりジクマロール英語版に変化し、ビタミンKの作用を抑制することを原因とする牛の中毒。症状は筋肉内、関節腔への出血による強直跛行。血液検査ではPT、ARTTの延長、プロトロンビン値の低下が認められる。治療には原因となる飼料の給与の中止、ビタミンK1製剤の筋肉内注射を行う。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医内科学アカデミー編 『獣医内科学(大動物編)』 文永堂出版 2005年 ISBN 4830032006