ジンギス・カン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジンギス・カン
Genghis Khan
監督 ヘンリー・レヴィン
脚本 ビヴァリー・クロス
クラーク・レイノルズ
原作 バークリー・マザー
製作 アーヴィング・アレン
出演者 オマル・シャリーフ
スティーヴン・ボイド
音楽 デュシャン・ラディック
撮影 ジェフリー・アンスワース
編集 ジェフリー・フット
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年6月23日
日本の旗 1965年7月22日
上映時間 126分
製作国 イギリスの旗 イギリス
西ドイツの旗 西ドイツ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $3,892[1]
テンプレートを表示

ジンギス・カン』(原題:Genghis Khan)は、1965年制作のイギリス西ドイツユーゴスラビアアメリカ合衆国の合作映画

チンギス・カンの生涯を描いた歴史劇映画で、チンギス・カン役のオマル・シャリーフをはじめ、キャストは全員欧米人である。また、ロケユーゴスラビア(当時)で行なわれた。

あらすじ[編集]

メルキトのジャムカ(スティーヴン・ボイド)に父を殺され、捕虜となっていたイエスゲイの子、テムジン(オマル・シャリーフ)は、ある日脱走して捕虜の身から自由の身となりモンゴル国家の建設を決意する。ジャムカの婚約者ボルテ(フランソワーズ・ドルレアック)を略奪し、自らの妻とするが、それを恨んだジャムカによりボルテが犯されその子を宿してしまう。

テムジンらは東へ向かう途中、中国の要人カム・リン(ジェームズ・メイソン)を助け、北京に入城して皇帝(ロバート・モーリー)の信頼を得る。当時の中国は満州族の侵入に手を焼いていたが、テムジンは軍をまとめて出陣し、満州族に味方していたジャムカを捕虜にする。喜んだ中国皇帝から「征服王ジンギス・カン」の称号を得たテムジンだったが中国での暮らしに辟易して草原へ戻ることを皇帝に願い出る。

テムジンを警戒した皇帝はジャムカを使ってテムジンの暗殺を試みるが、花火大会に乗じて長城の門を爆破し、テムジンの軍は草原へと戻っていった。草原に戻ったテムジンはカム・リンを軍師として迎え、黄河以北を征服。西はサマルカンドプラハまで攻略していった。

一方ジャムカはホラズム王(イーライ・ウォラック)に取り入り、テムジンとの最終決戦を挑む。ホラズムの軍はモンゴル軍の砲撃に算を乱して敗走するが、ジャムカはテムジンに一騎討ちを挑む。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Genghis Khan (1965) Box Office imdb.com(2008年2月上映分)

外部リンク[編集]