ジョヴァンニ・アリギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョヴァンニ・アリギ(Giovanni Arrighi、1937年7月7日 - 2009年6月18日)は、イタリアミラノ出身の歴史社会学者。専門は、政治経済学、世界システム論

ポッコーニ大学卒業。1960年ミラノ大学で博士号(経済学)取得。1963年から1966年までローデシア共和国(現ジンバブエ)などで教鞭を執ったが、政治活動を理由に逮捕され、国外退去処分を受け、タンザニアに移る(この時期にイマニュエル・ウォーラーステインと知り合う)。1969年にイタリアに帰国し、トレント大学に職を得た。1979年に渡米し、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校教授を経て、1998年からジョンズ・ホプキンス大学社会学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Political Economy of Rhodesia, (Mouton, 1967).
  • The Geometry of Imperialism: the Limits of Hobson's Paradigm, trans. by Patrick Camiller, (NLB, 1978, rev. ed., 1983).
  • The Long Twentieth Century: Money, Power, and the Origins of Our Time, (Verso, 1994).
土佐弘之監訳『長い20世紀――資本、権力、そして現代の系譜』、作品社、2009年
  • Adam Smith in Beijing: Lineages of the Twenty-first Century, (Verso, 2007).
中山智香子監訳『北京のアダム・スミス――21世紀の諸系譜』、作品社、2011年

共著[編集]

  • Essays on the Political Economy of Africa, with John S. Saul, (Monthly Review Press, 1973).
  • Antisystemic Movements, with Terence K. Hopkins and Immanuel Wallerstein, (Verso, 1989).
太田仁樹訳『反システム運動』(大村書店, 1992年/新装版、1998年)
  • Transforming the Revolution: Social Movements and the World-system, with Samir Ami, Andre Gunder Frank, and Immanuel Wallerstein, (Monthly Review Press, 1990).
  • Chaos and Governance in the Modern World System, with Beverly J. Silver, et al., (University of Minnesota Press, 1999).
  • Kritik Der Weltordnung, Thomas Atzert/Jost Muller(Hg.) , (ID Verlab,Berlin, 2003).
島村賢一訳『新世界秩序批判』(以文社, 2005年)

編著[編集]

  • Semiperipheral Development: the Politics of southern Europe in the Twentieth Century, (Sage, 1985).

共編著[編集]

  • The Resurgence of East Asia: 500, 150 and 50 Year Perspectives, co-edited with Takeshi Hamashita and Mark Selden, (Routledge, 2003).

日本語訳論文[編集]

  • 「近代世界システムの形成と変容におけるヘゲモニー国家の役割」松田武秋田茂編『ヘゲモニー国家と世界システム――20世紀をふりかえって』(山川出版社、2002年)