ジョン・ドリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ドリュー
John Drew
名前
本名 John Edward Drew
愛称 J.E.
ラテン文字 John Drew
基本情報
誕生日 1954年9月30日(60歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州フェルデンブルグ
身長 198cm  (6 ft 6 in)
体重 93kg (205 lb)
選手情報
ポジション スモールフォワード
背番号 22
ドラフト 1974年 2巡目全体25位
選手経歴
1974-1982
1982-1985
アトランタ・ホークス
ユタ・ジャズ

ジョン・ドリューJohn Drew, 1954年9月30日 - )はアメリカ合衆国アラバマ州フェルデンブルグ出身のバスケットボール選手。。身長198cm、体重93kg。ポジションはスモールフォワードNBAアトランタ・ホークスユタ・ジャズで活躍したが、薬物濫用問題に足を取られ、キャリアの最後をNBAからの永久追放という形で迎えた。

J.F.シールズ高校、ガードナー・ウェッブ大学を経て、1974年のNBAドラフトで全体25位指名を受けてアトランタ・ホークスに入団。ドラフト時の評価は決して高くながったが、1年目から即戦力として活躍し、1974-75シーズンは平均18.5得点10.7リバウンド、リーグ1位となるオフェンスリバウンド通算357本の成績を残してオールルーキー1stチームに選出される。2年目の1975-76シーズンには平均21.6得点をあげ、ルー・ハドソンにかわってホークスのエースに昇格し、オールスターにも選ばれた。1976-77シーズンにはキャリアハイとなる平均24.2得点を記録。一時低迷していたホークスもドリューの活躍で1977-78シーズンには5年ぶりにプレーオフに復帰し、1979-80シーズンには50勝に到達した。

ドリューはホークスのエースとしてコート上では素晴らしい活躍を見せていたが、裏ではコカイン中毒という問題を抱えていた。1982-83シーズン前には新人ドミニク・ウィルキンスとの交換でユタ・ジャズにトレードされるが、ドリューはオフにリハビリ施設に入っており、開幕には間に合わず38試合を欠場した。リハビリを終えてコートに戻ってきたドリューは、健康的なバスケットボール選手に戻っているように見えた。成績も平均21.2得点と上々で、翌1983-84シーズンは81試合に出場し、見事にカムバック賞(1986年まであった個人賞)を受賞するが、1985年に再び薬物濫用が発覚。デビッド・スターンがリーグコミッショナーに就任したばかりで、リーグが薬物問題に対して厳しい態度で臨み始めた頃であり、ドリューはリーグから永久追放処分を受ける羽目となった。ドリューは薬物問題により永久追放された初めてのNBA選手となった。追放後はヒューストンに移り、タクシー運転手をしている。

  • NBA通算成績・業績など
    • 739試合出場
    • 15,291得点(平均20.7得点)
    • 5,088リバウンド(平均6.9リバウンド)
    • NBAオールルーキー1stチーム (1975)
    • NBAオールスターゲーム出場 (1976, 1980)

外部リンク[編集]