ジョン・セシル (第6代エクセター伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第6代エクセター伯爵

第6代エクセター伯爵ジョン・セシル英語: John Cecil, 6th Earl of Exeter1674年5月15日1721年12月31日)は、イギリスの貴族。1678年から1700年までバーリー卿儀礼称号を使用した[1]

生涯[編集]

第5代エクセター伯爵ジョン・セシルアン・キャヴェンディッシュ英語版(1649年頃 – 1704年)の長男として1674年5月15日に生まれ、21日に洗礼を受けた[1]。家庭教師(マシュー・プライアー英語版)から教育を受けた後、1692年と1693年に外国を旅行した[2]

1695年イングランド総選挙ラトランド選挙区英語版から出馬して庶民院議員に当選、コート派となることが予想されたが、実際に議会に入ると野党(カントリ派)として活動した[2]。そのあと、1700年8月29日の父の死去に伴いエクセター伯爵の爵位を継承した[1]

1702年4月22日、アン女王の戴冠式に参加した[1]。また、1701年から1720年頃までピーターバラ首席治安判事を[2]、1712年から1715年までラトランド統監英語版を務めた[1]

1721年12月31日に死去、1722年1月22日に埋葬された[1]。長男ジョンが爵位を継承した[1]

家族[編集]

1697年2月9日、アナベラ・ベネット(Annabella Bennet、1697年7月30日没、初代オッスルストン男爵ジョン・ベネット英語版の娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった。1699年9月19日、エリザベス・ブラウンロー(Elizabeth Brownlow、1681年5月18日 – 1723年11月28日、第3代準男爵サー・ジョン・ブラウンロー英語版の娘)と再婚[1]、5男1女を儲けた[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1926). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Eardley of Spalding to Goojerat) (in English). 5 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 220.
  2. ^ a b c d Watson, Paula; Cruickshanks, Eveline (2002). "CECIL, John, Lord Burghley (1674-1721), of Burghley House, Northants.". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart. The House of Commons 1690-1715 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 25 July 2019.
  3. ^ Noble, Mark; Granger, James (1806). A biographical history of England, from the revolution to the end of George I's reign: being a continuation of the Rev. J. Granger's work ; consisting of characters disposed in different classes; and adapted to a methodical catalogue of engraved British heads ; interspersed with a variety of anecdotes, and memoirs of a great number of persons (in English). W. Richardson.
  4. ^ The Royal Compendium: Being a Genealogical History of the Monarchs of England, from the Conquest to the Present Time: ... Together with the Descent of the Several Foreign Princes Now Reigning, and of the Several Noble and Eminent Families in England, that are Sprung from the Blood Royal of this Kingdom, Down to the Present Year (in English). W. Owen: and G. Woodfall. 1752.
  5. ^ Noble, Mark; Granger, James (1806). A biographical history of England, from the revolution to the end of George I's reign: being a continuation of the Rev. J. Granger's work ; consisting of characters disposed in different classes; and adapted to a methodical catalogue of engraved British heads ; interspersed with a variety of anecdotes, and memoirs of a great number of persons (in English). W. Richardson.
イングランド議会 (en
先代:
ベネット・シェラード
サー・トマス・マックワース英語版
庶民院議員
1695年 – 1700年
同職:ベネット・シェラード 1695年 – 1698年
リチャード・ハルフォード英語版 1698年 – 1700年
次代:
リチャード・ハルフォード英語版
サー・トマス・マックワース英語版
名誉職
先代:
シェラード男爵
ラトランド統監英語版
1712年 – 1715年
次代:
ハーバラ男爵
イングランドの爵位
先代:
ジョン・セシル
エクセター伯爵
1700年 – 1721年
次代:
ジョン・セシル