ジョン・ジェンキンス (サクソフォーン奏者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ジェンキンス
John Jenkins.jpg
ニューヨークセントラルパークのジェンキンス(1992年、撮影フィッツ・ギトラー)
基本情報
生誕 (1931-01-03) 1931年1月3日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1993-07-12) 1993年7月12日(62歳没)
担当楽器 サクソフォーン

ジョン・ジェンキンスJohn Jenkins, 1931年1月3日1993年7月12日)は、アメリカ合衆国ジャズサクソフォーン奏者。

略歴[編集]

元々はハイスクールクラリネットを学ぶが、半年でサクソフォーンに乗り換えた。1949年から1956年まで、ジョー・シーガルルーズベルト大学で主宰したジャム・セッションに参加。1955年アート・ファーマーと共演し、その後はシカゴで自身のグループを率いた。1957年チャールズ・ミンガスと共演し、また2枚のリーダー・アルバムを録音している。サイドマンとしては、1950年代後半から1960年代初頭にかけて、ドナルド・バードハンク・モブレーポール・キニシェットクリフォード・ジョーダンサヒブ・シハブウィルバー・ウェアらと共演するが、1962年に音楽界から事実上引退し、わずかにグロリア・コールマンとの数回の出演契約をこなしただけであった。ジャズ界を去ると、ニューヨークで配達夫と宝石商の二足の草鞋を履いた。1970年代には、管楽器を路上市で売り払っている。1983年より練習を始めて路上ライブに取り掛かり、亡くなる直前にはクリフォード・ジョーダンとも共演した。

註釈[編集]

  • Scott Yanow, John Jenkins at Allmusic
  • Leonard Feather and Ira Gitler, The Biographical Encyclopedia of Jazz. Oxford, 1999, p. 354.