サヒブ・シハブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サヒブ・シハブ
(Sahib Shihab)
出生名 エドモンド・グレゴリー
Edmond Gregory
生誕 (1925-06-23) 1925年6月23日
出身地 アメリカ合衆国の旗 ジョージア州 サヴァナ
死没

1989年10月24日(1989-10-24)(64歳)


アメリカ合衆国の旗 テネシー州
ジャンル ハード・バップジャズ
職業 サクソフォン奏者
担当楽器 バリトン・サクソフォン
アルト・サクソフォン
フルート
活動期間 1940年代 - 1980年代
共同作業者 ジーン・クイル
フィル・ウッズ
ハル・ステイン

サヒブ・シハブSahib Shihab, 1925年6月23日 ジョージア州サヴァナ1989年10月24日 テネシー州)はジャズサクソフォン奏者ならびにジャズ・フルート奏者。1947年イスラム教改宗するまでの名は、エドモンド・グレゴリー(Edmond Gregory)であった。

略歴[編集]

13歳でプロのアルト・サクソフォン奏者として初舞台に立ち、ルーサー・ヘンダーソン楽団と共演する[1]。その後ボストン音楽院に進学し、トランペット奏者のロイ・エルドリッジと共演した。1940年代半ばには、フレッチャー・ヘンダーソンとともに首席アルト・サクソフォン奏者になった。ジャズ・ミュージシャンとして最初にイスラム教改宗し、改名した。1940年代にセロニアス・モンクと共演しており、またこの頃は、時間を割いてアート・ブレイキーケニー・ドーハムベニー・ゴルソンらのアーティストによる数々の録音に参加した。1950年代ディジー・ガレスピービッグバンドに招かれて共演したことは、バリトン・サクソフォンへの転機として特に重要である。1957年に写真家アート・ケインが撮影した集合写真『ハーレムの大いなる日(A Great Day in Harlem)』の中にも姿を見せた。

1959年に、アメリカ国内の人種問題に辟易して、クインシー・ジョーンズとともにヨーロッパに渡り、最終的にスカンジナビアに永住する。コペンハーゲン工科大学に勤め、映画テレビ劇場のための付随音楽を作曲した。1961年ケニー・クラークフランシー・ボランビッグバンドに入団し、12年にわたって一座の中心人物であり続けた。人種問題に敏感な良心的アフリカ系アメリカ人ではあったが、デンマーク人女性と結婚してヨーロッパで家庭を築いている。1966年ユーロビジョン・ソング・コンテストでは、スウェーデン代表のリル・リンドフォシュとスヴァンテ・トゥーレソンの伴奏を務めた。

1973年にアメリカに帰国し、ロックバンドやポップ・グループのセッションマンとして、また地方の音楽家のためのコピーライターとして3年間働いた。1978年、ケニー・ドリューと共同でマトリックス(ジャズ・レーベル)を設立した。最晩年はニューヨークとヨーロッパを行き来して、アート・ファーマーとの共演で成功を収めた。

テネシー州にて逝去[2]


他に共演者はタッド・ダメロンフィリー・ジョー・ジョーンズフィル・ウッズハンク・ジョーンズポール・チェンバースアート・テイラービル・エヴァンスニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセン等が挙げられる。

註釈[編集]

  1. ^ All About Jazz
  2. ^ AllMusic bio

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、47頁。ISBN 4-915557-12-X