ジョン・ウィルビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・ウィルビー
John Wilbye
生誕 1574年3月7日洗礼
イングランドの旗 イングランド、ノーフォーク
出身地 イングランドの旗 イングランド
死没 1638年9月
イングランドの旗 イングランドコルチェスター
ジャンル マドリガル
職業 作曲家

ジョン・ウィルビー(John Wilbye, 1574年3月7日洗礼 - 1638年9月)は、イングランドマドリガル作曲家ノーフォークのブロームに、製革業者の子として生まれる。エリザベス・コーンウォリスがトーマス・キットソン卿(子)と結婚した1594年頃に、バリーセントエドモンド近郊のヘングレイヴ・ホールまで彼女に随行したことから、コーンウォリス家の援助を受けていたと思われる。

1598年と1608年に2冊のマドリガル曲集を出版し、64曲が収められている。1600年には、ジョン・ダウランドの『リュート歌曲集第2巻』を校正する役に選ばれた。1628年にエリザベス・コーンウォリスが逝去すると、その娘リバース伯爵夫人メアリー・ダーシーの元に移り住み、1638年、その地で没した。

ウィルビーは、イングランドのマドリガル作曲者の中でも、おそらく著名な人物といえる。その作品は長く愛され、現代の選集にもしばしば取り上げられている。『涙せよ、わがまなこ』(Weep, weep o mine eyes)、『おいで、心地よい夜よ』(Draw on, sweet night)などがそうである。その作風は、発声に対する厳格な指示、詞への鋭い感性、長調と短調間の「対斜」の使用などによって特徴づけられている。

参考[編集]

参照[編集]

  • Philip Ledger (ed) The Oxford Book of English Madrigals OUP, 1978

外部リンク[編集]