ジョン・ロック講義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョンロック講義から転送)
移動先: 案内検索

ジョン・ロック講義(じょんろっくこうぎ、John Locke Lectures)とは、オックスフォード大学で年に一度行われる哲学の記念講義である。スコットランドの大学で行われるギフォード講義と並んで、世界で最も名誉ある学術記念講義の一つである。1950年にヘンリー・ワイルドの遺産をもとに開始された。

最初の講義にはルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが招かれていたが、辞退された。ウィトゲンシュタインの伝記によると、質疑応答の時間がない形式的な講義を快く思わなかったからだという。

講師リスト[編集]

最初の予定では、2年に一度不定期に開催することになっており、第一回講義(1950-1951年)が行われたあと、第二回(1952-1953年)は不開催であった。1969年から2001年にかけて、講義は次第により頻繁に開催されるようになった。2001年からは、講義記録が電子版で公開されている。

講師 講義記録の書籍化
1950–1951 エーツ・コーク・ブーズマ
1954–1955 王浩(ハオ・ワン)
1955–1956 アーサー・プライアー Time and Modality (1957)
1957–1958 A. C. ジャクソン
1959–1960 グレゴリー・ヴラストス
1961–1962 ネルソン・グッドマン
1963–1964 ヤーッコ・ヒンティッカ
1965–1966 ウィルフリド・セラーズ Science and Metaphysics
1967–1968 ポール・ロレンツェン
1968–1969 ノーム・チョムスキー
1969–1970 ドナルド・デイヴィドソン On the Very Idea of a Conceptual Scheme(「概念枠という考えそのものについて」、野本和幸、植木哲也、金子洋之、高橋要訳『真理と解釈』勁草書房、1991年、収録)
1971–1972 シドニー・シューメーカー
1973–1974 ソール・クリプキ Reference and Existence
1974–1975 リチャード・ブラント
1975–1976 ヒラリー・パトナム
1976–1977 なし
1977–1978 なし
1978–1979 ポール・グライス Aspects of Reason(「理性の諸相」、 岡部勉編訳『理性と価値――後期グライス形而上学論集』勁草書房、2013年、収録)
1979–1980 デイヴィッド・カプラン[1]
1980–1981 なし
1981–1982 なし
1982–1983 ダニエル・デネット Elbow Room: The Varieties of Free Will Worth Wanting
1983–1984 デイヴィド・ルイス
1984–1985 なし
1985–1986 なし
1986–1987 バリー・ストラウド The Quest for Reality (2000)
1987–1988 なし
1988–1989 なし[2]
1989–1990 トマス・ネーゲル Equality and Partiality
1990–1991 ジョン・マクダウェル Mind and World(神崎繁、河田健太郎、荒畑靖宏、村井忠康訳『心と世界』勁草書房、2012年)
講師 講義記録の書籍化
1991–1992 ジョナサン・ベネット
1992–1993 タイラー・バージ
1993–1994 なし
1994–1995 フランク・ジャクソン From Metaphysics to Ethics
1995–1996 なし
1996–1997 ジェリー・フォーダー Concepts:Where Cognitive Science Went Wrong
1996–1997 ロバート・ノージック Invariances (2001)
1997–1998 ローレンス・スクラー
1998–1999 なし
1999–2000 なし
2000–2001 バス・ファン・フラーセン
2001–2002 クリスティン・コースガード Self-Constitution: Agency, Identity, Integrity (2009)
2002–2003 キット・ファイン Semantic Relationism (2007)
2003–2004 ジョナサン・バーンズ Truth, etc. (2007)
2004–2005 アーネスト・ソウザ A Virtue Epistemology: Apt Belief and Reflective Knowledge, Volume 1 (2007)
2005–2006 ロバート・ブランダム Between Saying and Doing (2008)
2006–2007 ロバート・スタルネイカー Our Knowledge of the Internal World (2008)
2007–2008 ハートリー・フィールド
2008–2009 トマス・スキャンロン Being Realistic about Reasons (2013)
2009–2010 デイヴィッド・チャーマーズ Constructing the World (2012)
2010–2011 ジョン・クーパー[3] Ancient Greek Philosophies as a Way of Life
2012 スティーヴン・ヤブロ
2013 ネッド・ブロック
2014 マーサ・ヌスバウム
2015 レイ・ラングトン

脚注[編集]

  1. ^ 延期
  2. ^ エルンスト・トゥーゲントハットが講義する予定だったが病気のため辞退。
  3. ^ John Cooper's Profile at Princeton”. 2012年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]