ジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院

ジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院Ђурђеви Ступови / Đurđevi Stupovi, 「聖ゲオルギの柱修道院」)は、セルビアにある正教会修道院で、サンジャク地方ノヴィ・パザル近郊にある。小高い丘の上に建っており、ノヴィ・パザルの渓谷と町並みを一望できる。

歴史[編集]

修道院は、1168年に創設された。立地は当時のセルビア王国の首都ラス近郊に当たっており、その地にラシュカの支配者ステファン・ネマニャが建てたのである[1]。修道院には創建当時の12世紀に遡る会食堂、共同寝室、貯水槽、入り口の塔の壁などの遺跡群が残っている。

修道院の没落は、オスマン帝国によってセルビアが占領された14世紀末に始まった。そして、1912年に始まった第一次バルカン戦争の中で、破壊された。

修道院、特に聖ゲオルギウス聖堂には13世紀に遡る優れたフレスコ画があったが、損壊が酷く、大部分はベオグラードの国立博物館に移管されている。

ジュルジェヴィ・ストゥポヴィ修道院は、1979年スタリ・ラスの遺跡やソポチャニ修道院とともに、「スタリ・ラスとソポチャニ」の一部としてユネスコ世界遺産に登録された。

修道院の再建を求めるキャンペーンが1960年から1982年に行われ、2001年からは体系的な再建工事が行われている。主教アルテミイェ(Artemije)は、現場に3人の修道士を派遣し、工事の監督に当たらせている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『地球の歩き方 2017〜18 中欧』ダイヤモンド・ビッグ社、2017年、355頁。ISBN 978-4-478-06007-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]