ジャン=マックス・ベルリーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=マックス・ベルリーヴ
Jean-Max Bellerive
US Navy 100206-N-5345W-130 Capt. Sam Howard, commanding officer of the amphibious assault ship USS Bataan (LHD 5), right, visits Haitian patients in the medical ward with Haitian Prime Minister Jean-Max Bellerive.jpg
ベルリーヴ(中央の人物、2010年撮影)
生年月日 1958年
出生地 ハイチの旗 ハイチポルトープランス
前職 計画・対外協力相
所属政党 レスプワ

ハイチの旗 第14代 ハイチ共和国首相
任期 2009年11月11日 - 2011年10月18日
大統領 ルネ・プレヴァル
ミシェル・マテリ
テンプレートを表示

ジャン=マックス・ベルリーヴ: Jean-Max Bellerive1958年 - )は、ハイチの経済学者。元首相。

ポルトープランスで世界保健機関 (WHO) の医師の子に生まれ、スイスフランスベルギーで政治学と国際関係学の学位を得て、ジャン=クロード・デュヴァリエ政権末期の1986年に帰国した。ピエール=ルイ内閣で計画・対外協力相を務め、これまでに6度の閣僚経験がある。

2009年10月30日に上院に解任されたミシェル・ピエール=ルイ英語版に代わってルネ・ガルシア・プレヴァル大統領から首相に指名され、11月7日に下院で52対2の信任を受け承認された[1]。プレヴァル大統領が2011年5月に任期満了を迎え、後任のミシェル・マテリ大統領が医師のギャリー・コニーユ英語版を次期首相に指名したものの、野党が議会の多数派となっているため2回も首相人事案が否決され、その影響でペルリーヴも人事案が承認された10月まで首相を務めた[2]

脚註[編集]

公職
先代:
ミシェル・ピエール=ルイ英語版
ハイチの旗 ハイチ共和国首相
第14代:2009 - 2011
次代:
ギャリー・コニーユ英語版