ジャン狂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャン狂
ジャンル テーブルゲーム
対応機種 PC-6001/mkII
PC-8001mkII
PC-8801
PC-9801
MZ-1500
MZ-2200
X1
FM-7
MSX
S1
IBM JX
IBM-5550
m5
開発元 ハドソンソフト
発売元 ハドソンソフト
人数 1人
テンプレートを表示

ジャン狂(じゃんきょう)は、1983年ハドソンソフトから発売された麻雀ゲームソフト

概要[編集]

当時、ハドソンソフトのパソコン用ゲームソフトには「-狂」(『野球狂』『花札狂』など)という名称のソフトが多く発売されており、このソフトも『ジャン狂』という名称で発売された。内容はスタンダードな四人制麻雀ソフトで、相手の牌を見ることが出来るオープンモードを搭載している。

1984年11月2日にはファミリーコンピュータ用ソフト『4人打ち麻雀』として任天堂から発売された。日本での累計出荷本数は145万本[1]

  • PC-6001mkII以降では、発声機能がある。
  • PC-6001版およびPC-8001mkII版では、白黒画像となっている。
  • ファミコン版『4人打ち麻雀』はリセットボタンを押すと謎のフォント「M.Tobita」と表示されることがある。

ネットジャン狂[編集]

2010年2月25日に配信開始されたiPhone / iPod touch用ゲームソフト。ネット対局モードとローカル対局モードがあり、ネット対局モード(1日1戦のみ無料)で課金する方式であるためソフト自体は無料。App Store初のオンライン麻雀ゲームである。

戦績記録やランキング機能を搭載している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GEIMIN.NET/国内歴代ミリオン出荷タイトル一覧、GEIMIN.NET、2013年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]